タグ:思うこと ( 32 ) タグの人気記事

ほぼ豆腐バーグ★肉類価格高騰現象





近頃出番の多い豆腐ハンバーグ 


豆腐半バーグ→豆腐半分以上バーグ→ほぼ豆腐バーグに進化中 笑



f0209603_23551213.jpg






ほんの10年ぐらい前までは

生協で100g400円位で

国産の美味しくて品質の良い牛肉が買えたのに

今もう倍ぐらいになってて・・・とてもじゃないけど手が出ない





比較的安価なひき肉で勝負するしかないかと(-ι- )

ハンバーグを作ってみたりするけど

ひき肉の品質も徐々に下降線をたどりつつあり⤵

混ぜ物を一杯して誤魔化すしかなくなってきてる ような気がする





質より量!の萬年食べ盛りヾ(- -;)我家男子向けに

割増率の高いこのハンバーグが活躍中



f0209603_23554264.jpg



若鶏ミンチより牛豚(7:3)合挽の方が人気あり



f0209603_23560072.jpg



水気を切った木綿豆腐にミンチ肉と

玉葱の代わりに小葱(薬味葱・青葱)を入れて

生姜 塩胡椒 オイスターソース 餃子のタレ(隠し味) で味付け



f0209603_23561519.jpg



何もかけなくてもまあまあおいしい










100%和牛ミンチだけで作っていた頃が夢のよう( ̄¬ ̄).。o0O○
 














小学生の頃 給食の肉類がどうしても食べられず泣いてた子がいたな~

その子は家の近くに食肉加工場のようなものがあって

そこから聞こえてくる悲鳴が忘れられなくて

肉類は絶対口にしたくなかったみたい












そんな生々しい原点について考え直すように仕向けられているのかも・・

と思ったりもする昨今の肉類価格高騰現象





年1の誕生日に本人だけが味わえる200g鹿児島産黒毛和牛ステーキが

ますます遠のく~(´ロ`ノ)ノ




























[PR]
by luxannews | 2018-05-22 00:01 | 日々のこと | Comments(0)

ムスコー★バースデイ





傷付いた羽根を休めに戻って来たムスコーが








また同じ家族の中で歳を重ねる




f0209603_23563540.jpg




傷が癒えると同時に



羽根そのものがすっかり退化してしまっているような・・・



気がしないでもないでもないΣ\( ̄ー ̄;)どっちやねーん




f0209603_23565356.jpg




親はいつまでも生きられないし



いつかはここから飛び立って



良い相手を見つけてシアワセな自分の巣を作ってほしい




f0209603_23570844.jpg




とも思うし




f0209603_23572598.jpg




そんなの(ヾノ・∀・`)ムリムリ



キビシー世の中に放り出したって



どうせまた死に損なって戻ってくるのが関の山(その確率高し)




面白楽しい今の実家暮らし



――ずっとこのままでもいんじゃない?




f0209603_23574385.jpg




とも思ったりする




f0209603_23580116.jpg







今年のプレゼントは何も思いつかず



これ↓に入れた現金三千万円ヾ(@^▽^@)ノ




f0209603_23581753.jpg




f0209603_23583164.jpg







オトーソンからはPCの白いキーボードとマウスだったようです



























[PR]
by luxannews | 2018-03-02 00:03 | 日々のこと | Comments(10)

YURIちゃのことば★逃げ恥最高再考




★逃げ恥★の中で一番印象的だった百合ちゃんの名台詞



貴女は随分と自分の若さに価値を見出してるのね
私が虚しさを感じることがあるとすれば
貴女と同じように感じている女性が
この国にはたくさんいるということ
今貴女が 価値がないと切り捨てたものは
この先貴女が向かって行く未来でもあるのよ
自分がバカにしていたものに自分がなる
それって辛いんじゃないかな
私達の周りには沢山の呪いがあるの
あなたが感じているのもそのひとつ
自分に呪いをかけないで
そんな怖ろしい呪いからは
さっさと逃げてしまいなさい




若さを武器にして戦いを挑んでくる女の価値観の浅薄さを

年の功で滅多切りにしてお見事だったのに

17歳年下の男からの熱烈ラブコールに戸惑い ためらい

素直に受け入れる勇気がなかなか出ない百合ちゃん



上司をあれだけ果敢に説き伏せることができたのに

直後の彼等のエイジハラスメント的捨て台詞(負け惜しみ?)に

深く傷つく百合ちゃん





みくりと百合ちゃんの表裏のギャップがとてもよく解るし共感できる





あり得ない男ヒラマサは

みくりの受け皿として完璧だし( ̄∀ ̄*)





みんな必死で自己分析&葛藤しながら

他人とも自分ともなんとか折り合いをつけようと日々頑張ってる

そのひたむきさが可愛いのよね





Wヒロインを取り巻く人々のキャラもユニークで笑えたし

重いテーマをコミカルな味付けと調味料で仕上げて

カラフルな盛り付けで楽しませてくれた



f0209603_23475137.jpg




恋愛と結婚を機械の中身みたいに一度分解して並べて掃除して

元のケースに戻したら前より多少動きが滑らかになった

みたいな? 笑

わかりやすくて面白い恋愛と結婚の取説ドラマ

でした❤






































[PR]
by luxannews | 2018-01-10 00:00 | 音楽・映画・ドラマ・動画 | Comments(0)

供え物★死者の食べもの




とても不思議な夢を見ました





霧の中のような薄暗い所に色々な時代の人(主に男性)がいて

自分ともう一人の女性が

お茶碗に盛り付けられたご飯を持って歩いています



f0209603_23473668.jpg



最初は自分が何をしているのか解らなかったのだけど

もう一人の人を見ているうちにだんだんその意味がわかってきました





『ご飯 いかがですか?』 と言うと

50代ぐらいの方が 『いただこうかな』 と手を伸ばしてくるので

茶碗とお箸を差し出そうとしたら



『いやいや僕はそんなに食べられません 一粒で結構です』

と言ってご飯を一粒だけつまんで口の中へ( 。・・)/⌒□ポイ




『あ~ 旨いな~本当に久しぶりにメシを食った! 腹いっぱいだぁ』

と感激しています





それを見て私は

『やはり死んだ人は小食なのだな』 と納得





次々と他の人々にもご飯を配って歩いて行くと

皆とても喜んで 中にはお茶碗一杯を普通に食べる人(武将)もいた





――という夢です











近頃の墓参りは

野鳥に荒らされて後始末に困るので供え物はすぐに持ち帰るように

との管理人からのお達しが普通になっていて

どうせすぐ持って帰るのだから・・と食べ物を持参しなくなっていたから

こんな夢をみたのかな?



昔からある供え物というものにも

何か意味があるのかもしれない




――などと思ったのでした




























[PR]
by luxannews | 2017-11-30 00:00 | 思うこと | Comments(4)

釉掛け★あと少し




釉掛けがやっと終わ・・・

らずまだ途中



f0209603_23574788.jpg



釉掛けは結構手間ひまかかる作業です





釉液を均一になるまで混ぜて

→浸して

→乾くまで待って乾いたら

→撥水剤を塗ったところ(の釉残り)を念のため拭き取る

→浸すときに持った指の後を筆で補填して

→乾くまで待って乾いたら←今ここ

→ピンホールや凹凸を削ったり均したりして仕上げる







指跡が残らないようにできる道具



f0209603_23581001.jpg



もあるのですが家にはないし

あっても大きなバケツの中じゃないと使えない

使い慣れないと結構不安定で器がポトっと落ちそうになったりする



――ということで家での釉掛けはごく小規模にチマチマやっています















選挙公報には耳触りの良いことばかり書いてある

あんなのイチイチ読んでたら木を見て森を見ずになりそう

なのでこの際無視無視

一見対立してるようにみえるのに

うっかりすると実は同じベクトルに導かれて行くように設定されている

ような気がする今回の選挙

戦前回帰は避けたいので真逆の方向へ入れないと

取り返しのつかないことになる

あれ?前回の衆院選でも同じこと↑考えてたような・・( ´艸`)




――にしても今回は台風

前回は雪! 



なんとまあ((( =ω=)))怖

































[PR]
by luxannews | 2017-10-20 00:00 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(4)

なかなか進まない釉掛け★そんなの嫌だ~~~(>_<)




息子の作業部屋の食器乾燥機を借りて

2時間かけて乾燥させた素焼き小物



f0209603_23395919.jpg




撥水剤を



f0209603_23402098.jpg




筆で塗り塗り



f0209603_23403649.jpg








丸小皿はスムーズに回転しないプラスチックの手轆轤に乗せて

左手でガタピシクルクル回しながら塗りました



f0209603_23410020.jpg








この二つは全掛けにしてトチを敷いて焼く予定です



f0209603_23411990.jpg





なぜか肝心の釉掛けになかなかたどりつけない(;´▽`A



眠い 寒い 眠い・・・・・・・・・・・・














ところで最近の駅の券売機は

現金で買える機械とICカードじゃないと買えない機械があるんだって?

ICカードじゃないと買えない機械がほとんどってほんと?

と息子に訊いたら






いやそんなことはないでしょ

半々ぐらいじゃない?






でもそのうちカードオンリーになる時代が来るのよね






現金が使えなくなることはないと思うけど






スマホで開錠スマホで支払い何でもスマホで・・・

駅の改札もスマホを翳して通るようになるだろうし(もうなってる?)

いつかは体内に埋め込んだマイクロICチップのチェックで通るようになるんじゃない






チップを埋め込むようにはならないよ






スウェーデンではその辺のことがかなり進んでいるらしいけど(゚ロ゚屮)屮






そんなの嘘だ






そんなの嫌だ~~~(>_<)









ペットの迷子札みたいに人間にも普通にチップを埋め込むようになったら

もうアウトですね

スマホを肌身離さず持っていることに違和感を覚えなくなった頃に

体内チップに徐々に移行

――てことになるのかも?







固定電話もですが

通信機器(ガラケーですが)はキライなので棚の上に置きっ放しです

外出の時置いたまま出ると→息子に叱られる





誰からも何からも束縛されずに

いつでも好きなときに居なくなることができる自由がなくなるのは

困る

というか怖ろしい






































[PR]
by luxannews | 2017-10-18 00:03 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)

散歩道★金木犀のお土産






咲き始めの金木犀の香りを浴びながらの散歩道






何度も引越しをしたけど


暫く暮らしてだんだん慣れてくると


どこかへ出かけた帰り道


その家に近付くにつれ


ホッとするのよね これまで住んできた所全部で



――そういえばそんな安堵感みたいなの


実家では一度も味わったことがなかったわ






ああ まぁそりゃ色々あっただろうからな






帰る家がないのと


帰りたいと思わない家に帰るのと


どっちがキツイか ってなもんだったものね















2014年9月26日の


夫からのお土産





f0209603_21284891.jpg





あの頃は


夫の方が一足先に鬱状態から脱出しつつあり


私は母のことやら何やらで凹のピーク


玄関で靴を履くのも怖かった頃だった


誘われても行く気がしなくてヒッキーもピーク





f0209603_21292517.jpg




金木犀が咲いてるよ  いい匂いだよ


と言われても





ふーん そうなんだ~


としか思わなかった











あれから3年・・・悲喜こもごも色々あったけど


またいくらでも外を歩けるようになり


金木犀をお土産にもらわなくてもよくなりました







とさ(๑≧౪≦)



























[PR]
by luxannews | 2017-10-05 21:35 | 日々のこと | Comments(6)

バカみたい★でも・・・






近い未来はいつどこでどうなるかわからない

決して楽観できるものではない



ビールがどうのこうの

旅行がどうの・・・

そんな暢気なことをブログに書いててバカみたい(*- -)(*_ _)

と思わせるようなご時世





f0209603_20593964.jpg






――でも だからこそ

そのような何気ない日々のあれこれを大切にしたい



喜ぶことも 楽しむことも

それらを綴ることさえできる自由を

――その意味や有り難さを

いつも意識して確かめながら過ごすことは

もっと大切なのかも


とも思う






f0209603_20595917.jpg







このところの一連のミサイル騒動

まんまと乗せられちゃってる人・・結構いるのでしょうかね?





尊敬する大先輩

hisako様の記事の中よりリンクさせていただきました































[PR]
by luxannews | 2017-09-24 21:11 | 思うこと | Comments(2)

透き通る★秋がそこまで





涼風と夏の名残の熱が



f0209603_15284096.jpg



せめぎ合う空



f0209603_15290072.jpg



ミサイルが



f0209603_15291758.jpg



戦争の言い訳にならないように



f0209603_15293405.jpg



ぼんやりと見送ろう



f0209603_15300661.jpg



透き通る



f0209603_15302764.jpg



秋がそこまで










































[PR]
by luxannews | 2017-08-31 15:37 | 思うこと | Comments(2)

玄関先に現れている何か★1年半前の自分



いつも私達は、何かが≪玄関先≫に現れてようやく


それを問題と考えるようになる


それが裏庭に何十年と閉じ込められている時には


誰も気づきさえしないのだ



(デニス・レヘイン/スコッチに涙を託して より)








f0209603_23534083.jpg








311から5年(; ̄ェ ̄)





その前から鬱気味だったけど



あれ以来もっと鬱っぽくなり ひっきーな日々が続いた



引きこもってネットの暗い情報ばかりに周波数を合わせてしまう日々



同時に自分の人生の中で最も真面目に勉強した日々でもあったかもしれない






それまでほとんど興味も現実味もなかった政治・経済・社会の仕組みや



表には決して出てこないその裏側を垣間見て



感心したり心底怖ろしくなったり・・・・



話半分で受け取ってさえ充分スリリングなそれらの情報の中に



これまでずっと心の奥底に沈んでいた疑問や憤りに対する答が



かなりの比率で含まれていることに気づいたり・・・






≪玄関先に現れている何か≫に気付いたときはもう遅い






たぶんあっという間にこんな風になるのよ



気が付いたら家の中は水浸し 屋根や壁が崩れ落ちてくる という



いつか見た映画と同じ夢(時々これと全く同じ夢をみる)のシーンみたいに















知れば知るほど絶望しか残ってないような気もするけど



それでもなお



しぶとくあきらめず頭を上げて進もうとする流れがあることに救われる







いつまでも凹んでたってしょうがない



自分が今できること やらなきゃいけないこと 今しかできないことを



淡々とこなしていくしかない(>Д<;; というより



逆に楽しんじゃえヾ(≧▽≦)ノ みたいに開き直った方がいいのかも



そのほうがずっと楽になれるし楽しいし次の力も湧いて来そう(°∀°)b







―――などと考えていたのがほんの1年半前のことでした



崩壊する海縁の家の夢も見なくなり



最近は割と楽しい日々・・・キモチも明るく前向きになったような



・・・・基本(暗いの)は変わらないと思うけど・・^^;






























[PR]
by luxannews | 2017-08-20 00:06 | 過去のこと | Comments(0)