余り土で三日月の箸置き★構想色々




ほんの少しだけ余っていた信楽白御影土で



三日月の箸置きを作りました




f0209603_16363903.jpg





こういう小物にはついつい絵付けをしたくなる( ̄∀ ̄*)イヒッ



二度と絵付けはしないだろうと言ってたのに・・・



二度と陶芸はしないだろうと思っていたのに結局またやってるので



たぶん絵付けもすることになる・・ような気がします










大好きな鳥獣戯画の兎を紺化粧泥で染付するのも良いし




f0209603_16371979.jpg








白マットを掛けて本焼き後 小紋柄を金彩で上絵付 というテもある 




――この 上絵付というのをしたことがないので一度やってみたいのですが









大きな紙にボールペンで描くのと違って





f0209603_16375956.jpg






あんな小さなものには描ききれそうもない




描くとしたらせいぜい小紋2種類ぐらいが限度かな?










































[PR]
by luxannews | 2017-03-14 16:44 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)
Commented by so429 at 2017-03-14 22:51
鳥獣戯画モノ、文具はもちろん帯揚げとかかれこれ身の回りにあるんですよ。
この紐通しみたいなのが開いたのは何でしょう?兎が跳ねてますね!
こんなあっさりさっくりした描き様が、戯画そのものの雰囲気でいいですね。^^
Commented by luxannews at 2017-03-15 00:55
so429さん♪
ペンダントにするつもりで沢山作ったものです
仰る通りまさしく紐通しに革紐を通し 
それにまたペンダント用の接続部品をつけたりの加工を試みる前に気力を失い
完成まで至らず・・・
ペンダントトップだけが残っているというお恥ずかしい話です

鳥獣戯画がお好きなのですね^^
聡さん宛て≪私の古い作品お払い箱≫に追加保存させていただきます(^_-)☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春キャベツ 忘れてた! >>