タグ:思うこと ( 29 ) タグの人気記事

供え物★死者の食べもの




とても不思議な夢を見ました





霧の中のような薄暗い所に色々な時代の人(主に男性)がいて

自分ともう一人の女性が

お茶碗に盛り付けられたご飯を持って歩いています



f0209603_23473668.jpg



最初は自分が何をしているのか解らなかったのだけど

もう一人の人を見ているうちにだんだんその意味がわかってきました





『ご飯 いかがですか?』 と言うと

50代ぐらいの方が 『いただこうかな』 と手を伸ばしてくるので

茶碗とお箸を差し出そうとしたら



『いやいや僕はそんなに食べられません 一粒で結構です』

と言ってご飯を一粒だけつまんで口の中へ( 。・・)/⌒□ポイ




『あ~ 旨いな~本当に久しぶりにメシを食った! 腹いっぱいだぁ』

と感激しています





それを見て私は

『やはり死んだ人は小食なのだな』 と納得





次々と他の人々にもご飯を配って歩いて行くと

皆とても喜んで 中にはお茶碗一杯を普通に食べる人(武将)もいた





――という夢です











近頃の墓参りは

野鳥に荒らされて後始末に困るので供え物はすぐに持ち帰るように

との管理人からのお達しが普通になっていて

どうせすぐ持って帰るのだから・・と食べ物を持参しなくなっていたから

こんな夢をみたのかな?



昔からある供え物というものにも

何か意味があるのかもしれない




――などと思ったのでした




























[PR]
by luxannews | 2017-11-30 00:00 | 思うこと | Comments(4)

釉掛け★あと少し




釉掛けがやっと終わ・・・

らずまだ途中



f0209603_23574788.jpg



釉掛けは結構手間ひまかかる作業です





釉液を均一になるまで混ぜて

→浸して

→乾くまで待って乾いたら

→撥水剤を塗ったところ(の釉残り)を念のため拭き取る

→浸すときに持った指の後を筆で補填して

→乾くまで待って乾いたら←今ここ

→ピンホールや凹凸を削ったり均したりして仕上げる







指跡が残らないようにできる道具



f0209603_23581001.jpg



もあるのですが家にはないし

あっても大きなバケツの中じゃないと使えない

使い慣れないと結構不安定で器がポトっと落ちそうになったりする



――ということで家での釉掛けはごく小規模にチマチマやっています















選挙公報には耳触りの良いことばかり書いてある

あんなのイチイチ読んでたら木を見て森を見ずになりそう

なのでこの際無視無視

一見対立してるようにみえるのに

うっかりすると実は同じベクトルに導かれて行くように設定されている

ような気がする今回の選挙

戦前回帰は避けたいので真逆の方向へ入れないと

取り返しのつかないことになる

あれ?前回の衆院選でも同じこと↑考えてたような・・( ´艸`)




――にしても今回は台風

前回は雪! 



なんとまあ((( =ω=)))怖

































[PR]
by luxannews | 2017-10-20 00:00 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(4)

なかなか進まない釉掛け★そんなの嫌だ~~~(>_<)




息子の作業部屋の食器乾燥機を借りて

2時間かけて乾燥させた素焼き小物



f0209603_23395919.jpg




撥水剤を



f0209603_23402098.jpg




筆で塗り塗り



f0209603_23403649.jpg








丸小皿はスムーズに回転しないプラスチックの手轆轤に乗せて

左手でガタピシクルクル回しながら塗りました



f0209603_23410020.jpg








この二つは全掛けにしてトチを敷いて焼く予定です



f0209603_23411990.jpg





なぜか肝心の釉掛けになかなかたどりつけない(;´▽`A



眠い 寒い 眠い・・・・・・・・・・・・














ところで最近の駅の券売機は

現金で買える機械とICカードじゃないと買えない機械があるんだって?

ICカードじゃないと買えない機械がほとんどってほんと?

と息子に訊いたら






いやそんなことはないでしょ

半々ぐらいじゃない?






でもそのうちカードオンリーになる時代が来るのよね






現金が使えなくなることはないと思うけど






スマホで開錠スマホで支払い何でもスマホで・・・

駅の改札もスマホを翳して通るようになるだろうし(もうなってる?)

いつかは体内に埋め込んだマイクロICチップのチェックで通るようになるんじゃない






チップを埋め込むようにはならないよ






スウェーデンではその辺のことがかなり進んでいるらしいけど(゚ロ゚屮)屮






そんなの嘘だ






そんなの嫌だ~~~(>_<)









ペットの迷子札みたいに人間にも普通にチップを埋め込むようになったら

もうアウトですね

スマホを肌身離さず持っていることに違和感を覚えなくなった頃に

体内チップに徐々に移行

――てことになるのかも?







固定電話もですが

通信機器(ガラケーですが)はキライなので棚の上に置きっ放しです

外出の時置いたまま出ると→息子に叱られる





誰からも何からも束縛されずに

いつでも好きなときに居なくなることができる自由がなくなるのは

困る

というか怖ろしい






































[PR]
by luxannews | 2017-10-18 00:03 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)

散歩道★金木犀のお土産






咲き始めの金木犀の香りを浴びながらの散歩道






何度も引越しをしたけど


暫く暮らしてだんだん慣れてくると


どこかへ出かけた帰り道


その家に近付くにつれ


ホッとするのよね これまで住んできた所全部で



――そういえばそんな安堵感みたいなの


実家では一度も味わったことがなかったわ






ああ まぁそりゃ色々あっただろうからな






帰る家がないのと


帰りたいと思わない家に帰るのと


どっちがキツイか ってなもんだったものね















2014年9月26日の


夫からのお土産





f0209603_21284891.jpg





あの頃は


夫の方が一足先に鬱状態から脱出しつつあり


私は母のことやら何やらで凹のピーク


玄関で靴を履くのも怖かった頃だった


誘われても行く気がしなくてヒッキーもピーク





f0209603_21292517.jpg




金木犀が咲いてるよ  いい匂いだよ


と言われても





ふーん そうなんだ~


としか思わなかった











あれから3年・・・悲喜こもごも色々あったけど


またいくらでも外を歩けるようになり


金木犀をお土産にもらわなくてもよくなりました







とさ(๑≧౪≦)



























[PR]
by luxannews | 2017-10-05 21:35 | 日々のこと | Comments(6)

バカみたい★でも・・・






近い未来はいつどこでどうなるかわからない

決して楽観できるものではない



ビールがどうのこうの

旅行がどうの・・・

そんな暢気なことをブログに書いててバカみたい(*- -)(*_ _)

と思わせるようなご時世





f0209603_20593964.jpg






――でも だからこそ

そのような何気ない日々のあれこれを大切にしたい



喜ぶことも 楽しむことも

それらを綴ることさえできる自由を

――その意味や有り難さを

いつも意識して確かめながら過ごすことは

もっと大切なのかも


とも思う






f0209603_20595917.jpg







このところの一連のミサイル騒動

まんまと乗せられちゃってる人・・結構いるのでしょうかね?





尊敬する大先輩

hisako様の記事の中よりリンクさせていただきました































[PR]
by luxannews | 2017-09-24 21:11 | 思うこと | Comments(2)

透き通る★秋がそこまで





涼風と夏の名残の熱が



f0209603_15284096.jpg



せめぎ合う空



f0209603_15290072.jpg



ミサイルが



f0209603_15291758.jpg



戦争の言い訳にならないように



f0209603_15293405.jpg



ぼんやりと見送ろう



f0209603_15300661.jpg



透き通る



f0209603_15302764.jpg



秋がそこまで










































[PR]
by luxannews | 2017-08-31 15:37 | 思うこと | Comments(2)

玄関先に現れている何か★1年半前の自分



いつも私達は、何かが≪玄関先≫に現れてようやく


それを問題と考えるようになる


それが裏庭に何十年と閉じ込められている時には


誰も気づきさえしないのだ



(デニス・レヘイン/スコッチに涙を託して より)








f0209603_23534083.jpg








311から5年(; ̄ェ ̄)





その前から鬱気味だったけど



あれ以来もっと鬱っぽくなり ひっきーな日々が続いた



引きこもってネットの暗い情報ばかりに周波数を合わせてしまう日々



同時に自分の人生の中で最も真面目に勉強した日々でもあったかもしれない






それまでほとんど興味も現実味もなかった政治・経済・社会の仕組みや



表には決して出てこないその裏側を垣間見て



感心したり心底怖ろしくなったり・・・・



話半分で受け取ってさえ充分スリリングなそれらの情報の中に



これまでずっと心の奥底に沈んでいた疑問や憤りに対する答が



かなりの比率で含まれていることに気づいたり・・・






≪玄関先に現れている何か≫に気付いたときはもう遅い






たぶんあっという間にこんな風になるのよ



気が付いたら家の中は水浸し 屋根や壁が崩れ落ちてくる という



いつか見た映画と同じ夢(時々これと全く同じ夢をみる)のシーンみたいに















知れば知るほど絶望しか残ってないような気もするけど



それでもなお



しぶとくあきらめず頭を上げて進もうとする流れがあることに救われる







いつまでも凹んでたってしょうがない



自分が今できること やらなきゃいけないこと 今しかできないことを



淡々とこなしていくしかない(>Д<;; というより



逆に楽しんじゃえヾ(≧▽≦)ノ みたいに開き直った方がいいのかも



そのほうがずっと楽になれるし楽しいし次の力も湧いて来そう(°∀°)b







―――などと考えていたのがほんの1年半前のことでした



崩壊する海縁の家の夢も見なくなり



最近は割と楽しい日々・・・キモチも明るく前向きになったような



・・・・基本(暗いの)は変わらないと思うけど・・^^;






























[PR]
by luxannews | 2017-08-20 00:06 | 過去のこと | Comments(0)

サンドペーパー掛けの続き★人生の宝石箱





サンドペーパー掛けの続きです



f0209603_15491185.jpg









把手の形を複雑にするとペーパー掛けが大変だけど



f0209603_15493047.jpg




それもまた楽し(*´∇`*)     Φ9×7.5H  φ(..)メモメモ












ビアカップは底も釉掛けしてトチを敷いて焼きました



f0209603_15495365.jpg




手に持ちやすいちょうど良い大きさ   Φ6.5×9H  φ(..)メモメモ



f0209603_15501555.jpg




水物を入れる小物は全面釉掛けした方が安心  φ(..)メモメモ














展示販売して良かったな~と思うのは

色々な出会いがあったことです



ファッショナブルでセンスがありあまり商売っ気はなく穏やかな

出店の世話役の方(胴元?)


その方を中心に不定期に出展・出店する作家さん達やアパレル関係の方々


出展先で出会った担当者や店員さんなど


皆 面白優しい方ばかりでした





休憩時間になるといつも大袋に入ったお菓子を持ってきていて

「お腹空いたやろ 遠慮せんといっぱい食べ!」とお茶まで出して

主にデパートのバックヤード裏話をして下さる方

――この方はフリーの販売員として何十年もやってきた方で

時々胴元の依頼で私達の集団に加わって何でも売る販売のプロです

お蔭で迷路のような薄暗いバックヤードで過ごす休憩時間の気鬱が

一気に明るく吹き飛ばされていました



そんな方の目にも

「M(胴元)さんとこのファミリーは皆優しいええ人ばっかりや

この世界普通そんなんちゃうで」 と映っていたようです










一番嬉しかったのはお客様から

「あなたのことずっと探してたのよ~♥」と言われたこと

前回の出展の時に気に入って下さり

またすぐ出るだろうと思っていたのに

なかなか次の出展がなく店名もおぼえてなくて諦めていたら

広告でそれらしいのをみつけてもしやと思い来てみたらそうだった!

――と感動の再会を果たした時です

(でもごめんなさいm(; ;)m私は憶えていませんでした)








出展の頃の良いことも悪いことも

――悪いことは時間が経てば黒ダイヤ(→よい教訓)として光ってるし

みんなまとめて自分の人生の宝石箱にしまってあり

時々開けて見ては



ムフフ( ̄∀ ̄*)



と笑っています




























[PR]
by luxannews | 2017-08-17 16:11 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(4)

息子★東京から帰る




待ち合わせ場所でトラブったようですが無事に会うことができ

日本酒のお土産もとても喜んで・・・どうやらそのスイス人大酒豪だったようで

行く先々でかなり飲んでもまったく平気だったとのこと




ご年配の通訳の方もお酒好きで

何だかんだ良い感じで話が進んだということでした






お土産にいただいたスイスのリキュール
f0209603_23555662.jpg
度数30%Σ( ̄□ ̄;Ⅲマジカ







そのスイス人のJさんによれば

これまでいくつかの国の方々と取引したけど結局ダメだった

――約束を守らないのだそうです




日本人は誠実で信用できる と(*_ _)ノ彡☆

スイス人と性質が似ていると感じたそうです




まあどこの国であれ色々な性質の人がいる とは思うのですが(´・ω・`)ノ





ひとまずホッと・・(*´∇`*)




























[PR]
by luxannews | 2017-07-24 00:02 | 日々のこと | Comments(4)

日本の夏★心配の夏




もうすぐ商談にやってくるスイス人のJさんが








お土産にスイスのリキュールとつまみを持ってくるというので



帰りに持って帰ってもらう日本のお土産を何にしようかと



息子が悩んでいます







お酒にはお酒を・・と 日本酒を選んだらしいのですが



クーラーの利いた乗り物を乗り継いで行くとはいえ



この暑さで変質しないだろうか?




f0209603_23533151.jpg




本当は獺祭スパークリングの方が私は良いと思うのだけど



八海山だとある程度時間持ちするとのことで



そちらを持って行くようです










想像を絶するこの暑さのなかで



涼しいヨーロッパから初めて日本に来た方が果たして1週間も持ちこたえられるのか?



お土産のことも含めて心配です











随分前の話ですが



これ↓を歌っている方が日本のサマーフェスの舞台の袖で半死状態になっていたと



FMで聞いたことがあります














ノルウェーからやって来て真夏のサマーフェスで演奏・・((( =ω=)))



(生まれつきの)貧血気味じゃなくても倒れそうになるのは当然でしょうし



もう二度とサマーフェスには来なかっただろうと((( =ω=)))



























[PR]
by luxannews | 2017-07-16 00:09 | 日々のこと | Comments(8)