陶芸クラブで釉掛け★初めて雨に降られました





二度としないだろう
と思っていた陶芸を再開↓してほぼ1年




最初の頃のぎこちなさや戸惑いもなくなり

20年のブランクもなかったかのようにすっかり馴染んでいます




f0209603_21184116.jpg




今日は丸浅鉢に緑釉(マットなグリーン)を重ね掛けしようと

容器の底に溜まった釉の塊を粉砕するのに3時間・・(´ロ`ノ)ノ

他の作業も色々やりながらでしたが

それにしても3時間もバール(金梃)と格闘していたのでした


根性と忍耐でようやく最後の塊がなくなったときの

「あれっ?なにこれ?なんか抵抗なくなった!」感がすごかったです




f0209603_21190671.jpg




トロ~リ素直になった釉薬を程よい大きさの器に移し

赤い織部と少しだけ重なるように浸し掛けにしました

釉薬の量が少ない上に容器の形がイマイチだったので

意図していた重ねにならず残念


――サンプリングだからま・いっか(*´∇`*)




f0209603_21192617.jpg




厚掛けの織部を重ねたため

焼成時に飴のように溶け流れて棚板を汚さぬように

作品と棚板がくっついて剥すのに一苦労 しなくて済みますように

窯の神様火の神様よろしくお願いします( ̄人 ̄)

――と こんな時だけ信心深くなる私Σ\( ̄ー ̄;)




f0209603_21194594.jpg




クラブに通うようになってから初めて雨に降られました


これまでずっとほとんど晴れ~曇

雨模様の日でさえ往復の時だけは雨が上がるというラッキーさ

だったのにね




f0209603_21202468.jpg




今日もきっとそうなるだろうと

駐輪場へ荷物を運んだ時点で「これはちょっと無理かも」と思い

家に引き返して

昨日から天気予報をみて「手伝おうか?」

と言ってくれていた夫に甘えることにしました

家で釉掛けしていた作品と道具類を雨の中一緒に歩いて運んでくれました




f0209603_21205083.jpg




帰りは雨はすっかりあがっていました


梱包に使った箱や持ってったのに使わなかった土を

歩いて持って帰るのか~(*_ _)

と思っていたらSさんが車で送って下さいました










にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ









[PR]
# by luxannews | 2017-04-26 21:35 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(2)

赤い織部★釉掛け





先日信楽で買ってきた織部釉の原液の色は 赤 でした


容器ごと振ってよく混ぜ溶かし・・たつもりだったのに混ざってなかったようで


粉っぽくなくて塗りやすいわ~と思いながら筆で重ね塗りしました



f0209603_22200991.jpg



後で他の容器に移し替えてしっかり混ぜ直してから


丸浅鉢を浸し掛けしたときの液はかなり濃いめで厚掛けになりました




f0209603_22203106.jpg




↑これに緑釉を重ね掛けする予定



艶あり織部+艶なしの濃い織部→重なった部分は黒っぽくなる予想です




艶ありの方は探していた織部の色に一番近いもののはずなのだけど



どうなることやら(*´∇`*)



とりあえずこの2つで織部の試し焼き ということで・・・















にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
















[PR]
# by luxannews | 2017-04-24 22:24 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(0)

ミラクル★ミラクル





数年前の自分と同じ



遠距離介護&その他諸々鬱状態の友達↓に久々に電話しました







一度話し始めると何時間でも喋り続けられる人なので



こちらのベストコンディションが整った時点で


覚悟と気合を入れて挑みますΣ\( ̄ー ̄;)格闘技か! 


(それに近いのですマジで^^;)





お母さんの具合はどう? から始まってとりとめもなく千変万化する話題


ユラユラと蛇行しながら再び元の話題へ・・・


やはり一番聞いてもらいたいのはそこなのよね~うんわかるわかる


と相手には見えないのに肯いたり毒にも薬にもならぬ相槌を打ったり


なんだかんだで気づいたら3時間(゜ロ゜ノ)ノ





私が母のことで悩んで半分アタマがおかしくなりかけてたときに


実に適切なアドバイスで


ドーンと背中をたたいて押して 変な方へ行かないようにしてくれた人なので


今は元気になった自分ができることをできるだけ・・と思い


上手く慰めることもアドバイスをすることもできなくて申し訳なく思いながら


耳を傾けていたのでした



f0209603_15580380.jpg



ひとつとても印象に残ったのは


非常に現実的で不思議系の話は決して信じないタイプの彼女が


最近体験したミラクルな出来事――




――近隣に住む息子のお嫁さんがその子供たち&友達の子供たちを連れて


予告もなくやって来たときのこと




実母の介護から帰ってきたばかりで疲れと落ち込みでダウンしていて


それでもせっかく来てくれたのだからと招き入れて何やかややっていると


嫁の友達の2児のうちの小さい方(1歳半ぐらい)が突然


すごーく生真面目な顔をしてトットットットと自分の方へやって来て



首に手を回してハグしてくれた



「大丈夫だよ 元気出して」みたいな感じでΣ(゚Д゚)



基本的に子供があまり好きじゃないのに


そのときは・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚なんて可愛いんだろう・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


と思った・・って





で その時思い出したのが


数年前に病で自宅療養中の夫に


全く同じように無言で近付いて行ってハグして小さな手で背中をトントンしていた


2番目の孫(やはり当時1歳ちょっと位)のことだそうで




あんなに小さいのに というか小さいからこそわかる大きい人の悩み苦しみ痛み


無償の愛(治癒能力)みたいなものをあの年頃の子は持っているのかな~


あの後すっごく元気が出て雨の中映画を見に行ったりした


生まれて初めてのミラクルな体験だった




――と超現実派の彼女がしみじみ言うのでびっくり(゚д゚)!





私も息子がまだ6ヶ月ぐらいの頃に同じようなミラクルを感じたことがあったのを思い出し


思わず涙腺が・・・決壊するのを止めるのに苦労しました  

























[PR]
# by luxannews | 2017-04-23 16:05 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

バラ丼





テポ丼とか



f0209603_14095422.jpg



ノ丼とか



f0209603_14101113.jpg



もう



f0209603_14105829.jpg



要りません



f0209603_14111930.jpg



バラ丼



f0209603_14113525.jpg



お願いします



f0209603_14115335.jpg



大盛りで!



f0209603_14121063.jpg

























[PR]
# by luxannews | 2017-04-22 14:15 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

信楽散策★蕎麦がないΣ(・ω・ノ)ノ!





長い階段の先に何があるのか確かめてみたくて


「行ってみましょうか?」と言うと


「行ってもええけどAさんの靴で大丈夫? 車でも行けるんやで」


見るとAさん ワンピースに合わせて低めとはいえまさかのパンプス(゜ロ゜ノ)ノ


そこまで見ていなかった私はSさんの観察力と心配りにびっくり(゜ロ゜ノ)ノ


室内を観覧するばかりと思いドレッシーな格好をしてきたというAさんが


大丈夫!と言うので階段を上ることになりました



f0209603_00153216.jpg



結構急な階段・・・言い出しっぺの自分が一番遅くてヒーヒー言ってました



途中所々に枝垂桜が(*´Д`)ハァハァ



f0209603_00163137.jpg



きれいに(*´Д`)ヒ~ヒ~



f0209603_00164858.jpg



咲いていました(;゚∀゚)=3ハァハァ



f0209603_00170997.jpg







天辺にはどうやら



f0209603_00183708.jpg



展示場があるようです



f0209603_00185424.jpg




皆 展示内容にイマイチ魅力を感じなかったようで



「入場料700円やて どうする?入る?」



「700円か・・高いね~」



「やめといてその分お昼ちょっと豪華にした方がええんちゃう?」



というような声がどこからともなくあがり入場はしませんでした








ピンクや白の山椿がきれいでした



f0209603_00201994.jpg


f0209603_00203774.jpg


f0209603_00205496.jpg




信楽の優しい春の山並み



f0209603_00212000.jpg









お昼は蕎麦にしよう ということでSさんが以前行ったことがあるという蕎麦屋へ


――行って蕎麦を注文しようとメニューを見たら蕎麦がないΣ(・ω・ノ)ノ! 




なんと2年ほど前から 近江牛のお店 になったとのことでした


「この辺の器もあそこら辺に飾ってあるものも


 みな僕が作りましてん」という店主自らが料理を運びながら


器作りのことなど色々自慢お話してくださいました



近江牛にも惹かれたけど


f0209603_00235995.jpg



天蕎麦を目指していた私は散々迷った挙句


やはり天麩羅定食にしました



f0209603_00242414.jpg






その後再び先ほどのエリアに戻って展示物を見たりお茶したり・・・


ミュージアムショップに伊藤若冲コーナーがありしばらく見惚れて


家族へのお土産になりそうなものを探したのですが


ふさわしいものが見つからず


結局うちのalways腹ペコ家族にはこれだよね~


これが(実は自分が)一番喜ぶ! と思うものにしました



f0209603_00252008.jpg


f0209603_00253855.jpg




石窯で焼いたパン💛ふわっふわで美味しかったです









帰りの道すがら たくさんの閉店した窯元ショップを見かけました



「不景気やし 食器にこだわる人も少なくなってるんちゃう?


今シンプルで実用的なのがどこでも安く売ってあるし・・」


「〇印とか〇トリとか・・百均もあるしね~」 などと車中で話していました




寂れて行く信楽を見るのは辛いことです


シンボルの狸にこだわらず アイデアとやる気のある作家さんたちを誘致して


新しい古窯の町として盛り返してほしいな~



などと思いつつ信楽を後にしたのでした 


























[PR]
# by luxannews | 2017-04-21 00:31 | おでかけ 旅行 旅 | Trackback | Comments(0)

信楽へ★あの織部釉がなかった(ノ_-;)





陶芸クラブの仲間達で信楽へ行きました


陶芸材料の仕入れが主な目的です




到着後真っ先に行きつけの材料店へ入り


各自お目当ての品を探して店内をグルグル~o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~





私も準備していたメモを見ながらグルグル~・・・


行きつけといってもほぼ十年振りのことなので


何がどこに置いてあるかさっぱりわからず


結局お店の女将にいちいち訊くしかありませんでした(;´▽`A







あのお気に入りの織部釉




f0209603_16351146.jpg




=白っぽい緑色の粉釉で当時1kg千円ぐらいだったこと


=流れにくくてとても扱いやすく鮮やかな緑色を発色


を探していることを伝えると


八方手を尽くして探して下さったのですが残念ながら現物はありませんでした



それを掛けたものを見れば品番などがわかるかもしれないので


送ってくださいと言われ後日あのお皿を送ることにしました



釉薬を作っている工房には現物とかレシピが残っているのかもしれません








それにしても釉薬も化粧泥も何もかも物凄く値上りしてて(´ロ`ノ)ノ


メモしていった中の染付用紺化粧泥は今回パスし


見本を見て一番あの織部に近かった釉薬をとりあえずお試しに


それと黒マットと食器用止水剤と針を購入




f0209603_16270111.jpg







帰りがけに出入り口付近で「土はどうする?」と皆で言い合っていたら


お店の方が「沢山買っていただいたのでお好きな土をひとつどうぞ」


と・・・わーい(*゜▽゜ノノ゛☆・・・信楽の白水肥土を頂いて帰りました






といってもこれで帰ったわけではなく^^



お店を出てからは近辺の散策を楽しみました






つづく












にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ













[PR]
# by luxannews | 2017-04-20 16:41 | おでかけ 旅行 旅 | Trackback | Comments(0)

織部市松大皿釉掛け★悪は静かに・・




真面目に働いて務めを果たし 余暇を楽しむ


そんな日々の暮らし 何気ない日常が


当たり前ではないことに気付かされたいくつもの大災害の後


少しは世の中の仕組み成り立ちを自分なりに理解し


鬱の海を漂いながら空しく選挙に行き 署名し デモを応援してきた


f0209603_20401838.jpg


この世は善と悪(駒色で例えれば白と黒)の


オセロゲームみたいなもんではないかと思う


――今は段々黒駒が増えつつある状態








悪とは


自分の欲望のために他者を犠牲にすること


他人の痛み 苦しみ 悲しみより


自分の快感 安楽 満足感を優先させること


直接または間接的なあらゆる種類の暴力によって









悪は圧倒的に強い


最終的に暴力から逃れる術はない


見ること 聞くこと 言うことをしなくなった人間は


いつか悪に殺られる


悪はそうなるように静かに仕向けてくる












市松紋様を描きながら考えたことでした






























にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ












[PR]
# by luxannews | 2017-04-19 00:20 | 思うこと | Trackback | Comments(0)