<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

真夏の午後の散歩コース




涼しい部屋で遠い目をして ゚・*:.。..。.:*・゚夏が好きかも゚・*:.。..。.:*・゚ 



などとうわごとを言っていたら脳味噌が腐りそうなので


 

お昼からまたまた出かけました






f0209603_00100533.jpg






駅ナカのモールへ〇ニクロのバーゲン目指して20分ほど歩きました


夫はお目当ての物を 


私は何も考えてなかったのに色々みているうちに


重ね着にも使えそうなチュニックワンピをみつけて買いました






モノトーンのサッカー生地を近くの手芸品店で探してみたけど見当たらず・・


サッカー地そのものがほとんどおいてありませんでした


大きい生地専門店まで行かないとなさそうです







スーパーで買った炭酸オレンジ飲料で喉を潤してから帰路へ――


前より少しマシでしたがそれでも暑くて暑くて


アジアジアジアジ・・・と蝉の鳴きまねをしながら


静かな住宅地の中を通って帰りました







家からまあ30分前後の冷たい飲み物と休める椅子のある所へ行って


休憩したりちょっとした買い物などして帰る


―――という真夏の午後の散歩コース



気に入りました(*´∇`*)





















 

[PR]
by luxannews | 2017-07-31 00:16 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

夏が好きかも




皆この暑さには参る 夏は苦手大嫌い

と言うけど



f0209603_23523261.jpg



f0209603_23524875.jpg










もしかして自分は夏が好きかも・・(*v.v)。 














と思ったらここはエアコンの利いた涼しぃ~部屋でしたΣ\( ̄ー ̄;)










































[PR]
by luxannews | 2017-07-30 00:02 | 思うこと | Trackback | Comments(2)

楽しいお散歩★地獄の暑さ★〇トリの器




午前中に出掛けるとお昼ご飯のことが気になるので(外食はあまりしませんし)

たいてい午後2時3時から散歩がてらに買い物などに出かけることになります

この時期の午後2時3時といえば地獄の暑さ(>Д<;;

死を覚悟の上 気合入れて出発です!





玄関を出てすぐ

大昔の足の古傷が急にキリキリ痛み出し

「あ~あ 今日はもう遠出は無理かも・・用事だけ済ませて帰ろ」 と思ったのですが

その用事で行った所で嬉しいことがあり元気100倍o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o

足の痛みも消えてしまったのでした(゚∀゚ノ)ノあーらふしぎ





片道2~30分も夫と2人ならあっという間です

お互いよく喋るのは普段あまり会話がないせいでしょうか

蝉しぐれや車・バイクなどの騒音に負けないように大きな声を出すので

ショッピングモールに着いたときはもう汁だくで喉もカラカラ^^;

フードコートにて冷たーいアイスコーヒーで喉を潤しクールダウン



向かい合う席は嫌いなので衝立のある楕円テーブル席に並んで座りました

結構混んでいて衝立の境目の人と目が合ってしまい

ジロジロと見てくるので「何よ・・もしかして知ってる人?」などと思っていました

夫の顔が少し見えるようにと椅子を斜めにしたのがいけなかったようです

向こうも「何よ・・」と思っていたに違いありません

人間って見ていなくても顔を向けるだけで見ている(見られている)と感じるようです

次からは衝立の方に真っ直ぐ向くように座ろうと思いました







そのあと〇トリで買い物をしました


長年使って来た汁椀の内側が熱で痛んできたので新しいものを・・・



f0209603_23471255.jpg



色々見比べてこれにしました


細かい木目調のなんちゃって漆椀です






店頭にブルーグレーで描かれた繊細なボタニカル模様のマグカップやお皿など

新作?(季節品?)と思われるものが並んでいて

しばしウットリ眺めていました

〇トリの食器の種類の豊富さとセンスの良さったら・・

こんなのがこんな価格で手に入るのならわざわざ自分で作らなくてもねー

と思ってしまう((( =ω=)))

器を作っている者にとっては目の毒ワンダーランドです







蝉しぐれに負けないように大声で喋ったり笑ったり

と書きましたが近頃の街蝉達はあまりの暑さのためか

人間と同じように一番暑い時間帯には活動せず

涼しめの朝夕に賑やかに鳴いているようなので・・

私達に聞こえていた蝉しぐれは


ただの耳鳴り


だったかもしれません




























[PR]
by luxannews | 2017-07-29 00:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

トウモロコシ★係長が嫌がるワケ




今年はトウモロコシに嵌ってしまい毎週のように食べています



食材調理補助局・トウモロコシ係長に任命され 毎回皮をむいてきた息子は

「あーまたトウモロコシかぁ」 とうんざりした様子

≪食べるのは大好きなくせに調理は嫌がる係長なのであった≫



それを見ていた夫が


「ええ?何がそんなに嫌なの? 昔よくやらされたよ

トウモロコシの皮むきなんて簡単じゃ~ん」 と言うので


だったらおとさんにやってもらおうじゃないの(*_ _)ノ彡☆ ということになり

目の前でおとさんの実演がはじまりました



ゴミ箱の上でそこら中に皮と髭を飛び散らかしながら

わっしわっしとものすごい勢いで剥き始めるおとさんを

係長と顔を見合わせて笑いながら見守っていました

≪たぶんわかってないよね(-ι- ) クックック≫



ある程度剥けたところで案の定手を止めようとしていたので

細かいひげも取るように言いました

髭なんか一緒に食べればいいじゃない などとブツクサ言いながら

こびりついている細かい髭までていねいにすべてきれいに取り去って

これでどうだ!?  と差し出すおとさん











合格!(゜∀゜)b










というわけで



f0209603_00062311.jpg



いつものようにたっぷりめの塩で茹でて



f0209603_00064688.jpg



おいちい茹でトウモロコシになりました~♥・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚





とさ




























[PR]
by luxannews | 2017-07-28 00:10 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

女がイラつく夏★ちょっとビビりました




昨日は


ここ数日の戻り梅雨のような湿気も強風に飛ばされて青空が見え


日陰に入ると涼しく感じるほどの夏らしい日でした


――にしても暑かった~(>Д<;;






前回の陶芸クラブで撮りそこなった一輪挿し3本




f0209603_01592941.jpg




白マット釉を掛ける予定です





今回も小さめの花器を2つ作りました


カメラを持って行ったのに撮る暇がありませんでした











夫が出張中で何もしなくていいから嬉しい というSさん


それを機に『夫がいないとどんなに楽か』という話題になり


家事をしない男性に対する不満でひとしきり盛り上がっていました



男子部員Qさんに


どんな家事をする(できる)のかと訊くと


「お茶を淹れるぐらい」と答えていました





そうこうしているうちにお茶の時間になり


一区切りつけてお茶を淹れ始めたAさんが


「暑くて暑くて今日はもう何もする気がしない」 と言って早々に作業を切り上げ


後はヒマそうにウロウロしていた男子部員Qさんに



「暇そうやからQさん手伝ってくれる? お茶淹れたことあるんやろ?」と声を掛けていました


「うんいっつも家では淹れとるよ」と言いつつAさんのお手伝いを始めたらしいQさん


(土と格闘中なので会話しか聞こえず)





「ほな 〇〇してくれる? それちゃうねんそっちの方やん」



――とかなんとかしばしAさんの声が聞こえていたのですが





「あんたほんまはやったことないんやろ!?」 と 突然



少々キレ気味のAさんの声が響き渡ったのでした





他のことに集中していたので一瞬ちょっとビビりました





水場から弾かれたように去ったQさん(´ロ`ノ)ノ



実は『お茶も淹れたことがない』のだそうです\(◎o◎)/





このあと皆それぞれ家路につくまでの間ずっと



Qさんは女子部員からチクチクといじられっぱなしでした







あ~女がイラつく夏は怖い!((( =ω=)))





というのはウソで





いつもよりずっと面白楽しい陶芸クラブ でした( ̄∀ ̄*)イヒッ






皆イイ大人ですし半分以上は冗談でわざとやってることなので・・・





マジだったらとっくに解散してますから(*´∇`*)



































[PR]
by luxannews | 2017-07-27 02:10 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(4)

テーブルの小さな花




息子が幼い頃にいつも読み聞かせていた★おやすみなさいフランシス★

のシリーズの中の★ジャムつきパンとフランシス★



f0209603_23562465.jpg



いまだに忘れられない一番衝撃的だったシーンがこれだそうです



f0209603_23564793.jpg



ジャムつきパンしか食べなかったフランシスが両親の名案で何でも食べるようになり

お弁当の時間にランチボックスからまず

レース編みのランチマットと花瓶に生けたスミレの花を出して飾ったシーンです







ランチボックスから花瓶にささった花が出てくるのが不思議だったのでしょうか(= ̄∇ ̄=)



f0209603_23570966.jpg



色々な物を少しずつたくさん食べられるようになったフランシスの喜びが

このテーブルセッティングだったのですね~












いつもの一人朝ごパンも花を飾れば・・・?



f0209603_23573753.jpg



おんなじだ~((( =ω=)))貧しい食事に変わりなし^^;












それでもあるのとないのとではちょっとは違うかも



f0209603_23580109.jpg



たとえ零れ花でも(*´∇`*)




























[PR]
by luxannews | 2017-07-26 00:07 | | Trackback | Comments(8)

本当の最終回★ダウントンアビー





前回見損なって悔し泣きしていたダウントンアビー



f0209603_00113404.jpg



連続ドラマの最終回に限って何故かいつも忘れてて見逃してしまうことが多かったので

まただわ (ノω`*) ・・・・と思っていたらそれが実は最終回の前の回でした



前回が最終回だと思い込んでいたため

昨夜たまたまその時間帯に 見たことがあるような雰囲気の画面をみつけたときは

あらっ?もしかして総集編かなんか?と色めき立ち 

見始めたら何となく違うような・・・???




最終回を見逃したとすっかり思い込んでいたので(Σ\( ̄ー ̄;)しつこい)

ネットで前回のあらすじだけは把握していて

何となくその続きのような気がしながら

観進んで行くうちに『これがほんとの最終回だったんだわ!』と気付いたのでした










イギリスの由緒ある貴族のお屋敷🏡ダウントンアビーで繰り広げられる人間模様

だけじゃなく

コスチュームドラマといわれるだけあって

歴史的背景に沿った衣装や装飾品

食器やテーブルセッティングなどをみるのも楽しみでした









自分が生きてきた時代の価値観で下の世代を支配することはできない

変化する時代の価値観を受け入れざるを得ないときがきっと来る

――ということをそれぞれの立場の人々がドラマの中で体現していました







頑固で意固地で皮肉っぽいけれど器の大きい

生きている貴族の化石みたいな婆さん=バイオレット・クローリー=の毒舌と

古風なのに進歩的な考えも持つ(親友?)イザベルとの掛け合いがまた面白くて・・

中でも一番の名言と思ったのがバイオレットのこの言葉でした




『意見が対立する度に決別していたら今頃友達なんて一人もいやしないわ』




それと『恐怖で支配しないと』・・・(*_ _)ノ彡☆ウケル~






f0209603_00115929.jpg







貴族も使用人たちも皆同じように年を取り

悪人が善人に変わったり

意地悪だったのが寛容になったり

妻を理解できるようになったり




―――少しずつの変化と

昔から変わらない貴族と使用人の絆を次女の結婚式をメインに描く

理解と和解と愛と思い遣りと希望の圧倒的ハッピーエンディングヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



f0209603_00122693.jpg






♪旧友は忘れていくものなのだろうか



古き昔も心から消え果てるものなのだろうか



中略


♪いまここに、我が親友の手がある

いまここに、我らは手をとる


いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ

古き昔のために


というAuld Lang Syne(オールド・ラング・ザイン)=蛍の光
の大合唱で終わるのでした




この曲は知っている曲―――

God Save The Queen(イギリス国歌)とともに

中学校の英語の最初の授業で習った初めての英語の歌でした

渡されたプリントにそれぞれの楽譜と英語の歌詞と日本語のフリガナ(発音)が

書いてあったのを憶えています




―――だったので思わず一緒に合唱(T▽T)

――涙が止まりませんでした(最初の数小節しか憶えてなかったので)

―――イギリス国歌の方はほぼ歌えます




とはいえやはり感動のエンディングクライマックスは

もう涙腺崩壊状態でした







≪余談≫

このドラマ シーンの切り替わりが速いんです

会話も何もかも2~3分の1倍速ぐらいじゃないと頭に入ってきません

私の脳内処理速度が遅過ぎなのか?

コンピューターウィルスに感染してるのか?γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ




























[PR]
by luxannews | 2017-07-25 00:27 | 音楽・映画・ドラマ | Trackback | Comments(2)

息子★東京から帰る




待ち合わせ場所でトラブったようですが無事に会うことができ

日本酒のお土産もとても喜んで・・・どうやらそのスイス人大酒豪だったようで

行く先々でかなり飲んでもまったく平気だったとのこと




ご年配の通訳の方もお酒好きで

何だかんだ良い感じで話が進んだということでした






お土産にいただいたスイスのリキュール
f0209603_23555662.jpg
度数30%Σ( ̄□ ̄;Ⅲマジカ







そのスイス人のJさんによれば

これまでいくつかの国の方々と取引したけど結局ダメだった

――約束を守らないのだそうです




日本人は誠実で信用できる と(*_ _)ノ彡☆

スイス人と性質が似ていると感じたそうです




まあどこの国であれ色々な性質の人がいる とは思うのですが(´・ω・`)ノ





ひとまずホッと・・(*´∇`*)




























[PR]
by luxannews | 2017-07-24 00:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

紫蘇は一株あれば充分(>∇<;;




先月京都からお喋り遊びに来てくれた友達からいただいた青紫蘇が

ベランダで元気に育っています



f0209603_23470091.jpg




採っても採っても次から次へと生えてくるので

途切れることなく摘んで食材にしています



f0209603_23472441.jpg











以前住んでいた家の裏庭がとても柔らかくて肥えた土で出来ていて

隣人や友人に勧められて何か作物を作ることにしたのです




紫蘇が好きなので

ホームセンターで買って来た紫蘇の種(たぶん60粒ぐらい)を花咲じじいのようにばら撒いたら

あっという間に成長して一面紫蘇畑になりました

最初は嬉しくて毎日収穫して使っていたのですが

そのうち使い切れなくなり結局最後は昆虫の餌畑になってしまい

泣きながら1本1本引っこ抜いて処分したのでした





教訓→紫蘇は一株あれば充分(>Д<;;




























[PR]
by luxannews | 2017-07-23 00:08 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

息子★東京へ行く




早朝に起きて

寝ぼけまなこのまま🍙を握り

玉子焼きとブロッコリーとグリーンアスパラとハムの紫蘇巻きなどで

新幹線の中で食べるお弁当を作りました



f0209603_23430314.jpg



スイス人と販売代理店の担当者とお世話になる宿泊先の友人へのお土産

その他でずっしり重くなった大きなバッグを肩にかけ

元気に出かけて行きました









しばらくしてからガラケーに届いたメール やりとり




新大阪なう 暑い(´Д`)




自宅なう 涼し(^〇^)




しっとるわ!きーっ(`ω´;) 







新幹線は時間はかかるけど格安のこだま号にて

+¥1500のグリーン車を試してみたかったのだとか

広々静かで快適だったそうです











たぶん夕方ぐらいには

お土産の濁り酒八海山の飲み方を片言の英語で伝授したことでしょう




YOU これホテルで飲む

飛行機乗ってはいけないΣ\( ̄∀ ̄;) なんでやねん!

ホテルの冷蔵庫入れる冷やす そして飲む

飲む前にゆっくり このようにしてシェイク

ミルクのように白くなる飲む




――みたいな感じでヾ(≧▽≦)ノ彡




























[PR]
by luxannews | 2017-07-22 00:10 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)