<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

富士山夏合宿1




中学校の修学旅行以来ン十年ぶりに富士山に行きました

従兄弟の案内で富士山麓の主なところを巡る旅です






f0209603_23592238.jpg







翌日の火祭りの準備で賑わって・・なかったヾ(--;)北口本宮浅間神社を参拝






f0209603_23594613.jpg




f0209603_002228.jpg




f0209603_004211.jpg







お天気に恵まれて無事に楽しい旅ができますように

とでも祈ればよかったのですが

日本が戦争をしませんように 富士の神様どうかお守りください と祈ってしまいました






f0209603_011958.jpg







この前京都へ行った時もそうでしたが

またまた結婚ホヤホヤのカップルを見かけました






f0209603_014165.jpg




f0209603_01572.jpg






朱色と金ぴかにリニューアルされた神社が多い中

御神木や鄙びた感じの社がそのまま残っている好い神社でした






f0209603_021881.jpg




f0209603_023765.jpg




f0209603_025563.jpg




f0209603_031921.jpg







翌日の火祭りのための縄を作っている氏子さんたち






f0209603_035228.jpg







ガラスケースから外へ移され翌日の出番を待つ神輿






f0209603_041260.jpg







清水と豊かな緑に恵まれた富士の麓の浅間神社でした

アサマ神社ではなくセンゲン神社と読むのですね






f0209603_043159.jpg




f0209603_045014.jpg




f0209603_051146.jpg











従兄弟の別荘に一旦荷物を置いてからまた出直してレストランへ






f0209603_054472.jpg







美味しいピザと地ビールを堪能






f0209603_062076.jpg




f0209603_064396.jpg







ドッグランのあるすてきなイタリアンのお店でした















にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-31 00:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

ぐい呑み





轆轤も窯も家にあった頃に作った酒器






f0209603_1447532.jpg






薄く薄~く引いてわざと歪ませたので


轆轤から剥がしてからではなくくっつけたまま高台を削り出し


そのやり方が気に入って一気に5~6個も作ってしまった


という幻の酒器(あっという間にお嫁に行った)です


あの面白い=掛け方によって白+緑+青+茶色の出る=釉薬を


内側は厚掛け 


外にはサッと掛けて後で濃い目のを流し掛けにしました












同時期に作ったぐい呑み






f0209603_1448948.jpg







これは気に入ったのを一つだけ自分用に残して






f0209603_14482464.jpg







時々使っています






f0209603_1448408.jpg







わざと歪ませたりえくぼを作ったりしても


口のところはできるだけ真円に近付けた方がカッコイイかも( ̄∀ ̄*)









ぐい呑み・・っていうなまえ・・・誰がつけたんでしょうかね?


グイッとひと息で飲むサイズ という意味?


かと思ったら


ぐい呑み=日本酒を飲むための盃の一種

一般的にお猪口と呼ばれるものより大きいサイズのものを指す


(ウィキペディアより)



だそうです










にほんブログ村





にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-24 14:56 | 器・陶芸 | Trackback | Comments(0)

悩みどころ





まな板を使わないでキッチンペーパーの上で切ることがよくあります






f0209603_14383398.jpg







=まな板の上で切って洗剤を少し使い水道水で洗い流す=のと


=1枚当たり1.3円のペーパー2枚の上で切って使い捨てにする=


(この場合も包丁は洗いますね)のと


どちらが経済的なのか?




キッチンペーパーの値段は計算できても


まな板と包丁を洗うのにかかる水道(&洗剤)代は厳密には計算し難いし






環境問題としては


単純に 水を汚すのと紙を焼却して大気を汚すのと 


どちらの方が環境のためにはマシなのか


――という考え方にもなり


なんとなく紙を使った方がマシな気もするし


何よりも手間と時間の節約になるのでついつい


紙の出番が多くなっているのではないかと(*_*;





しかし


紙の消費は地球上からどんどん消えつつある木の消費でもあるのであまり気軽に


使ってはいけないなー とも思うし・・






悩みどころです



 











にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-22 14:43 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

園芸マニアの紫蘇ジュース






葉っぱについた小さな虫を1匹ずつ数えながらピンセットでつまんで捨てる


殺虫剤も農薬も決して使わない――という園芸マニアから


紫蘇ジュースをいただきました






f0209603_1448959.jpg







収穫後丁寧に洗って水分を拭き取り


煮出して濾してグラニュー糖と酢を加えて更に煮て冷ます


という大変な重労働の成果です






f0209603_14482731.jpg







ルビー色に輝く紫蘇ジュースエキス


炭酸で割って有難くいただきました












にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-21 14:54 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

面白い釉薬





葡萄は一週間ぐらい冷蔵庫で寝かせると


甘くて美味しくなる






f0209603_16173621.jpg







いつも巨峰はそうしています






f0209603_16175346.jpg







この角皿は昨日の”作るのに疲れ果ててしまった2枚”のうちの1枚で






f0209603_16181191.jpg







横浜の専門店から購入した釉薬を掛けたものです






f0209603_16183088.jpg







やはり指跡を消すために( ̄∀ ̄*)重ね掛けにしています


マット系の不思議な色合いの釉薬が得意な専門店で


釉薬に名前はなくすべて番号で表示されているので憶えやすい


このお皿のはたしか№125だったと思う


絵具で言えば白+緑+青+茶色で


土の種類や濃度によって白っぽくなったり茶色っぽくなったり


緑が強く出たりすることがある面白い釉薬でした













にほんブログ村



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-19 16:22 | 器・陶芸 | Trackback | Comments(0)

2枚で疲れ果ててしまった織部重ね掛け角皿






型を使わないで全くのフリーハンドで作るお皿は


続けて3枚作ると疲れる(。-`ω´-)


2枚で疲れ果ててしまうこともあるし(。-`ω´-) ・・・





「陶芸はおおらかに!細かいことは気にしない!テキトーで行こう!」


と勇ましく始めるのだけど


作り始めると段々


立ち上がりの高さと角度をきっちり揃えないと気が済まなくなったり


切りっぱなしの土の縁があまり鋭くなり過ぎないように軽く指で押さえたり


――と 全然おおらかな陶芸じゃなくなってくるのです


ま これは性格だから仕方ないね


ヒトの体内に消えてしまうお料理を作ることに関しては


超おおらかなんですけどΣ\( ̄ー ̄;)







で これも2枚で疲れ果ててしまった角皿です(18×18cm)






f0209603_2019152.jpg







織部を3度重ね掛けしたのですね~( ̄  ̄)




片手で普通に持ってまず全体を釉薬に浸し


乾いたところで指跡を処理(筆か指で釉を補い均す)して


次に指跡とは逆の方を持って2度目に浸し


また乾かしてから3度目を掛ける


すると指跡の部分が3度掛けした釉できれいに消える(´▽`) というわけ






f0209603_20193367.jpg







結果的にほぼ 指跡を消すためと織部釉のサンプリングのために作った角皿


ですが


たいへん重宝しております(* ̄∇ ̄*) 












にほんブログ村




にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-18 20:33 | 器・陶芸 | Trackback | Comments(0)

織部重ね掛け






陶芸教室で少しだけ教えていた頃に


業務用に買っていた織部釉がとても良かったのです






f0209603_1432146.jpg







名前は忘れましたが信楽の丸ニ陶料から10kg単位で仕入れていました






f0209603_1434527.jpg







普通の濃度に溶いたものを重ねて掛けて色合いを変えることができ


厚めに掛けても全く釉流れしません






f0209603_144395.jpg







緑色の食器なんて・・と どちらかというと敬遠していたのに


今はこの美しい緑色のトリコです(*´∇`*)








和食が引き立つ大きめ織部茶碗






f0209603_14420100.jpg








とても重宝しています













にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村





にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-17 14:10 | 器・陶芸 | Trackback | Comments(0)

カモミールティーとUFOパン






忘れていた底締めを真夜中に思い出し


かろうじて間に合わせた3枚目の小ぶりな角皿も


反ったりカタカタしたりすることなく無事に乾燥していました






f0209603_17234471.jpg







小ぶりな角皿3枚とビアカップが完成したことを確認してホッとひと息ティーブレイク!





――って Σ\( ̄ー ̄;)な~んもしてないけど




カモミールティーとUFOパンでお茶しました






f0209603_17252031.jpg







UFOの形をした大きなパンで






f0209603_17253813.jpg







周りの円盤の部分=柔らかいビスケット=を先に食べて


真ん中のドームのところは大抵残しておいて後で食べたりします


いつも夫が散歩のついでに買ってきてくれる


ドームの部分もフワッフワで美味しい100円パンです






f0209603_1726033.jpg







このお皿の織部がきれいだったので


陶芸クラブに気に入った織部がなければ


また信楽に買いに行くことになるかも・・・











にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-16 17:28 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

シュガースプーンとロール箸置きの釉掛け





ポットの中に収まるシュガースプーンとロール箸置きの釉掛けをしました






f0209603_1737130.jpg







少量の小物の釉掛けのために


ビニール容器入りの釉薬5ℓを全部溶かすのは時間の無駄なので


容器のままある程度混ぜたら小さなプラ容器に注ぎ


長柄しゃもじの柄の方で底に沈んでいる釉塊を少しずつ掬い取り


適当な濃度になるまで混ぜ入れました






f0209603_17371811.jpg







トロッとしたあたりで釉掛け開始






f0209603_17373433.jpg







後始末がしやすいように2回に分けて掛ける






f0209603_17375252.jpg







すぐ沈殿するのでその都度かき混ぜるのがまたひと手間です


―――そういえば以前京都の窯元に陶芸クラブの人達と見学に行ったとき


釉掛け専門の職人さんが道具も何も使わず素手で


お茶碗に釉掛けしてたのをみてびっくりしたのを思い出しました


チャプッと浸しただけで指跡も何も残らず見事にきれ~に掛かって


魔法みたい\(◎o◎)/と皆で感心したものでした


真冬の厳寒の京都でしたので釉掛けもさぞ冷たいだろうと思っていたら


熱源が仕込まれていて温かい釉掛けにしているとのことでした


しかも底には拡販機能がついていて常に一定の濃度が保たれているため


その都度かき混ぜる必要もなく職人さんはじっと座ったまま作業に集中できるのでした






f0209603_1738896.jpg







ロール箸置きは3個だけ白マットを掛け






f0209603_17382280.jpg







あとはクラブに沢山ある織部釉を全種類掛けてみて


市松織部大皿に掛ける釉を決めるためのサンプルにします






f0209603_17383631.jpg







あれっ? ロール箸置き10個あったはずなのに9個しかない(´ロ`ノ)ノ



どこかに置き忘れたかな?(・・?













にほんブログ村



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-15 17:46 | 器・陶芸 | Trackback | Comments(0)

シュガースプーンと箸置きの釉掛け






試行錯誤を重ねているうちに沢山作ってしまった


ポットの中に入るサイズのシュガースプーンとロール箸置きは


家に持ち帰ってゆっくり釉掛けすることにしました






f0209603_17185833.jpg







ジャム瓶の蓋に入れた撥水剤に浸して






f0209603_17191547.jpg







筆塗りの手間を節約






f0209603_17193654.jpg







とはいえちょうど良い深さをキープするのに意外と手間取る(´ロ`ノ)ノ






f0209603_17195119.jpg







それでも早く終わったので






f0209603_1720416.jpg







カモミールティーとフレンチトーストで






f0209603_17202058.jpg







お茶しました





















って まだ釉掛け終わってなかったわヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ





撥水剤処理しただけでなんかもう終わったような気がして・・Σ\( ̄ー ̄;)












にほんブログ村
[PR]
by luxannews | 2016-08-14 17:25 | 器・陶芸 | Trackback | Comments(0)