カテゴリ:器・陶芸・陶芸クラブ( 203 )

織部と黄瀬戸★掛け分け




赤い織部に浸した後

マスキングテープを剥がすのが結構タイヘンでしたが( ̄▽ ̄)=3



f0209603_23444743.jpg



剥がしてみればちゃんと変形市松模様がくっきり現れて

キチンと丁寧にやればやっただけのことはあるな っと(*_ _)ノ彡☆





しかし余白部分に筆塗りした黄瀬戸は

雑な塗り方になってしまった(*- -)(*_ _)



f0209603_23450997.jpg



まあこのように織部と黄瀬戸を市松で掛け分けたらどうなるのか

織部の発色を見たいだけなので

黄瀬戸の方はあまり気にしない

ってことで(*_ _)ノ彡☆







こちらは赤い織部部分が多くなるとどうなるのかの実験



f0209603_23453335.jpg



全面この織部を掛けようと思っているお皿もあるので



焼成結果待ちです




























[PR]
by luxannews | 2017-11-16 00:05 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(0)

マスキング★アートナイフ




織部と黄瀬戸(または透明釉)の掛け分けのために

柄の部分のマスキングをしました



f0209603_23443981.jpg



角の角度を目分量で決めて貼り始め

貼った後カッターで縁のラインに沿って切り離します

これを何度も繰り返してスペースを埋めて行きます



f0209603_23450107.jpg



家の中に何本かあるカッターナイフの中で

一番切れ味が良いのを選んでやっていたら



f0209603_23451627.jpg



お・かーさん そんな大きいので・・・(絶句) やり難くない?



f0209603_23455359.jpg



う・・ん・・別に・・・これが一番よく切れると思うから



f0209603_23461678.jpg



――梱包・荷解き用の超ビッグサイズのを使っていたのです




息子に言われて 

そういえば大き過ぎて何となく使いにくいような気もする(´・ω・`)ノ

と思ったのでした







これ使う?

と持ってきてくれたのが細かい作業に最適というアートナイフ  



f0209603_23464944.jpg



使ってみるとなんとまあ握りやすくきれいにスッキリ切れること(*゜▽゜ノノ゛☆



f0209603_23471697.jpg



それからはスイスイ作業が捗りました



f0209603_23473926.jpg



とさ(*´∇`*)







角皿11枚のうち1~2枚を例の赤織部で実験

焼き上がりを見て今後どうするか(他の釉薬を買うとか・・)

決めようと思っています




























[PR]
by luxannews | 2017-11-14 00:03 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(0)

角皿釉掛け★織部と黄瀬戸




赤い織部と緑釉を部分的に重ね掛けした丸浅鉢


f0209603_23494488.jpg












赤い織部の方が焼成中に飴のように流れて棚板にくっついていました


f0209603_23510311.jpg





棚板が剥離剤処理してあったので事なきを得ましたが

普通に掛けてもまた流れそうなので

今回この釉薬は側面には掛けないことにして

マスキングテープでカバーしておきました


f0209603_23520657.jpg





表面の一部もマスキング(➡後で黄瀬戸を掛ける予定)


f0209603_23522511.jpg





掛けたてホヤホヤ


f0209603_23525426.jpg







この釉薬

ちょうど良い濃さの所はきれいな織部の色なんだけどな・・(*v.v)。


f0209603_23532360.jpg




溜まると黒っぽく油光りするのが嫌なので少し薄めて使いました










テープを剥がして・・と





側面は垂れる流れる心配なしの🌳絵の具の緑になる緑釉🌳を筆掛け予定


緑釉なら垂れないので(*_ _)ノ彡☆


f0209603_23563090.jpg





織部と黄瀬戸のコラボ角皿


f0209603_23565290.jpg





きれいな織部色が出てくれるかな( ̄∀ ̄*)









今月中に1回目の本焼きがあります




























[PR]
by luxannews | 2017-11-12 00:05 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)

お団子リース★体験陶芸の思い出写真




余り布で作った小さな綿入りクッションを繋げて作られた

お団子リース



f0209603_23414476.jpg



Aさんから頂いたものです



f0209603_23420603.jpg



カラフルな布は見ているだけでも楽しいし

組み合わせを考えるのも面白そうo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o





――にしても

もうそんな季節!?

ついこの前クリスマスツリーを飾ったケーキを食べたような気がするんですけど・・・

焦るわ~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ







体験陶芸で

ものすごく集中してるとこ(₋ ₋)



f0209603_23452737.jpg



親指の爪と爪をくっつけるようにして中心に凹みを作り

センターから外に向かってだんだん広げていき・・・



と言われるままにやっているところです



Sさんも私も片手の指でしか広げたことがなかったので

おっかなびっくりでした







インストラクターの手がそぉ~っと

轆轤のハンドルに伸びているのを発見Σ(゚∀゚ノ)ノ



f0209603_23460532.jpg
足元のフットコントローラーと連動しているハンドルを持つ神の手








これは私の癖で轆轤のスピードを超スローにしたりストップさせたりするのを

調整しようとしていたのだと思います





最初はフットコントローラーの所に煉瓦が置いてあって

自分では踏めないようにしてありましたので

普段はどちらかというと高速で回しっ放しにしているのかもしれません





私 高速運転苦手なんで(*_ _)ノ彡☆










早く終わってホッとしてるところ( ̄∀ ̄*)v



f0209603_23463123.jpg








以上 Sさんから頂いた写真です








倉敷よかったねー❤

楽しかった~♬

ほんっとお天気も良かったしね!








と皆であの旅を懐かしんだ

陶芸クラブでした


























[PR]
by luxannews | 2017-11-09 00:08 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(10)

倉敷1★正しいロクロ初Σ\( ̄ー ̄;)体験




前日は嬉しくてほとんど眠れませんでした




f0209603_21291577.jpg




新幹線の指定席に横並びに座って間もなく

どこからともなく回って来た*飴ちゃん*2つ(゚∀゚)


f0209603_21293577.jpg




合言葉は*アメちゃん食べる?*の我等が陶芸クラブ
いよいよ倉敷へ出発です










もう着いたわ


f0209603_21301595.jpg






駅近ホテルまで

台風の狭間の快晴の下を歩いて汗だくになりました

f0209603_21325350.jpg



玄関ホールが吹き抜けになってるすてきなホテル

f0209603_21332079.jpg





美しい町並みを横目に見ながら予約時間ぎりぎりに陶芸体験場へ入りました

(旅行の前日のクラブで急遽陶芸体験をすることに決まったのです)


f0209603_21334749.jpg




Sさんと私はロクロ

他の方々は掻き落とし体験です



ロクロを引くのは7年振り Sさんはもっと振り



7年振りのロクロ作りだうっしっし♪(* ̄皿 ̄)v

――轆轤を見たことも触ったこともない初体験観光客の対応に追われる

インストラクターの方々・・・そのようなどさくさに紛れて

あ 私 大丈夫ですので などと言ってコッソリ好きなように作ろう

と秘かに考えていたのに

その日のその時間帯には私達陶芸部員しかいなくて貸切り状態

マンツーマン指導を受ける羽目に・・・ヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノ







二人とも誰にも習ったこともなくずっと自己流でやってきたので

正しいやり方を1から教わりながら作るのはちょっとタイヘンでした(;´▽`A

変な癖がついているし( ;∀;)

指導する方もやり辛かっただろうと思います

それでも自己流と正統派流を織り交ぜながら丁寧に我慢強く教えて下さいました







器がユラユラしてくるとさりげなく神の手が伸びてきて修正される\(◎o◎)/

f0209603_21352679.jpg





二人分の手が同時に入っていながら正しい形になって行くという不思議\(◎o◎)/

f0209603_21354813.jpg





結果的には殆どインストラクターの手による作品がΣ\( ̄ー ̄;)完成

f0209603_21361655.jpg





これぞ体験陶芸マジック!(^^)!

f0209603_21363950.jpg





面白かった~♬



また轆轤で何か作りたくなりました



自己流で! 笑














素焼き前のお皿にスタッフの方が白化粧泥を


①注ぐ


f0209603_21591371.jpg





②回す


f0209603_21595298.jpg



③捨てる


f0209603_22003338.jpg




④余分な部分を拭き取る


f0209603_22010677.jpg



の順に白化粧を施しているところを見ることができました





↑これがしっかり乾いてから

表面の白い部分を掻き落とし(クギなどの道具で剥がし)て

下絵を描くのが掻き落とし技法です

f0209603_21402300.jpg



サンプルを参考にしたり

f0209603_21404316.jpg



自分が考えた図案を写してもいいのです

f0209603_21410420.jpg



かなり時間がかかっていましたが

こちらもとても面白かったとのこと



焼き上がりが楽しみ❤



2か月後ぐらいに送られてくるそうです




























[PR]
by luxannews | 2017-10-28 22:09 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(4)

釉掛け★あと少し




釉掛けがやっと終わ・・・

らずまだ途中



f0209603_23574788.jpg



釉掛けは結構手間ひまかかる作業です





釉液を均一になるまで混ぜて

→浸して

→乾くまで待って乾いたら

→撥水剤を塗ったところ(の釉残り)を念のため拭き取る

→浸すときに持った指の後を筆で補填して

→乾くまで待って乾いたら←今ここ

→ピンホールや凹凸を削ったり均したりして仕上げる







指跡が残らないようにできる道具



f0209603_23581001.jpg



もあるのですが家にはないし

あっても大きなバケツの中じゃないと使えない

使い慣れないと結構不安定で器がポトっと落ちそうになったりする



――ということで家での釉掛けはごく小規模にチマチマやっています















選挙公報には耳触りの良いことばかり書いてある

あんなのイチイチ読んでたら木を見て森を見ずになりそう

なのでこの際無視無視

一見対立してるようにみえるのに

うっかりすると実は同じベクトルに導かれて行くように設定されている

ような気がする今回の選挙

戦前回帰は避けたいので真逆の方向へ入れないと

取り返しのつかないことになる

あれ?前回の衆院選でも同じこと↑考えてたような・・( ´艸`)




――にしても今回は台風

前回は雪! 



なんとまあ((( =ω=)))怖

































[PR]
by luxannews | 2017-10-20 00:00 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(4)

なかなか進まない釉掛け★そんなの嫌だ~~~(>_<)




息子の作業部屋の食器乾燥機を借りて

2時間かけて乾燥させた素焼き小物



f0209603_23395919.jpg




撥水剤を



f0209603_23402098.jpg




筆で塗り塗り



f0209603_23403649.jpg








丸小皿はスムーズに回転しないプラスチックの手轆轤に乗せて

左手でガタピシクルクル回しながら塗りました



f0209603_23410020.jpg








この二つは全掛けにしてトチを敷いて焼く予定です



f0209603_23411990.jpg





なぜか肝心の釉掛けになかなかたどりつけない(;´▽`A



眠い 寒い 眠い・・・・・・・・・・・・














ところで最近の駅の券売機は

現金で買える機械とICカードじゃないと買えない機械があるんだって?

ICカードじゃないと買えない機械がほとんどってほんと?

と息子に訊いたら






いやそんなことはないでしょ

半々ぐらいじゃない?






でもそのうちカードオンリーになる時代が来るのよね






現金が使えなくなることはないと思うけど






スマホで開錠スマホで支払い何でもスマホで・・・

駅の改札もスマホを翳して通るようになるだろうし(もうなってる?)

いつかは体内に埋め込んだマイクロICチップのチェックで通るようになるんじゃない






チップを埋め込むようにはならないよ






スウェーデンではその辺のことがかなり進んでいるらしいけど(゚ロ゚屮)屮






そんなの嘘だ






そんなの嫌だ~~~(>_<)









ペットの迷子札みたいに人間にも普通にチップを埋め込むようになったら

もうアウトですね

スマホを肌身離さず持っていることに違和感を覚えなくなった頃に

体内チップに徐々に移行

――てことになるのかも?







固定電話もですが

通信機器(ガラケーですが)はキライなので棚の上に置きっ放しです

外出の時置いたまま出ると→息子に叱られる





誰からも何からも束縛されずに

いつでも好きなときに居なくなることができる自由がなくなるのは

困る

というか怖ろしい






































[PR]
by luxannews | 2017-10-18 00:03 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)

釉掛け★下準備




持って帰った素焼き小物


*一輪挿し5個


*しのぎ小鉢4個


*しのぎ脚付き小鉢3個




f0209603_23490947.jpg





固めに絞ったタオルやスポンジで拭くよりも


速くきれいに表面の土粉が取れそうなので


お湯で洗い流しました





乾くのを待って次は撥水剤塗り


そして釉掛けです

























[PR]
by luxannews | 2017-10-16 00:02 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(0)

素焼き窯出し★窯の蓋開け初めて成功




約束の11時の5分前に着き

11時になっても誰も来ないので

ちょっと困った(;v.v)。





実は私 窯の蓋を一人で開けられないのです




↑この時以来何度もトライしてみたものの全滅状態のままでした






10分になっても来ないのでまたやってみることにしました


窯の蓋開けヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ






最初は あれ?軽い?行けるかも と思ったのに

やはり重い!






ううう~(>へ<;;







見ると

ストッパー(小さいですが参考画像 ➡の部分)



f0209603_23570530.jpg



=蓋を開けた状態で支える支柱を止める部分=まで

あと少しのところまで来ていて

このまま下すにもそこまで上げるにも同じぐらい力が要りそう



――だったらあと少しもうひと踏ん張り







うぐぐぐぐ(>へ<;;





















ついにやった!





一人で窯の蓋開けられた!













と思ったらいきなり目にとび込んできたのが

最上段に置いてあったQさんの八角皿の真ん中のひび割れです

それと同時にやって来たQさんに思わず

Qさんまた八角皿割れてるよー(´エ`)ノ

と悪いお知らせ





木を削ったり段ボールを張り合わせたりして精巧な型を自作し

それを使ってこのところずっと作り続けているQさんの大きな八角皿は

素焼きの時点で失敗続きなのです





縁が薄いので乾燥の時に真っ先に乾き

本体側が乾くのを待っている間に微かにピリッと

ひびの素ができてしまうのではないかと想像しています

とても美しい形なのに残念!





f0209603_23575139.jpg
この前の素焼きの時に少し写っていたQさんの八角皿(一番下の大きいの)







そうこうしているうちに3人目もかなり遅れてやって来て

なんだかんだ言いながら全部出して板にのせて

(画像に入りきらなかったものもアリ)




f0209603_23580757.jpg




棚に並べ終わってから



私は小物を少し


家で釉掛けするために持ち帰りました





















[PR]
by luxannews | 2017-10-15 00:08 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(0)

素焼き窯入れ★楽しい釉掛けが待っているぅ~




素焼きの窯入れをしました

前回の2度目の本焼きから2ヶ月後の素焼きです



今回私の分は

柄違い角皿シリーズが11枚



f0209603_23443769.jpg




その他小鉢やテーブル花器など合わせて24点





自分の作品だけの窯入れなら

作る時からある程度考えて窯詰めしやすいようにもできるのだけど

大勢の人が好き勝手に作った作品の大きさや形を考えながら

効率よく詰めて行くのは難しいものだなぁ と思いつつ

100点近くをびっしり全部 

一つも残さず詰められてホッとしました(;´▽`A








素焼き?

――ということは

苦手な釉掛けが待っているぅ~(>Д<;








でもそんなこと言ってたらせっかく陶芸を再稼働した意味もなくなるので


何とかして


楽しい釉掛けが待っているぅ~o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o


になるように工夫しなくっちゃ




























[PR]
by luxannews | 2017-10-12 00:02 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)