玄関先に現れている何か★1年半前の自分



いつも私達は、何かが≪玄関先≫に現れてようやく


それを問題と考えるようになる


それが裏庭に何十年と閉じ込められている時には


誰も気づきさえしないのだ



(デニス・レヘイン/スコッチに涙を託して より)








f0209603_23534083.jpg








311から5年(; ̄ェ ̄)





その前から鬱気味だったけど



あれ以来もっと鬱っぽくなり ひっきーな日々が続いた



引きこもってネットの暗い情報ばかりに周波数を合わせてしまう日々



同時に自分の人生の中で最も真面目に勉強した日々でもあったかもしれない






それまでほとんど興味も現実味もなかった政治・経済・社会の仕組みや



表には決して出てこないその裏側を垣間見て



感心したり心底怖ろしくなったり・・・・



話半分で受け取ってさえ充分スリリングなそれらの情報の中に



これまでずっと心の奥底に沈んでいた疑問や憤りに対する答が



かなりの比率で含まれていることに気づいたり・・・






≪玄関先に現れている何か≫に気付いたときはもう遅い






たぶんあっという間にこんな風になるのよ



気が付いたら家の中は水浸し 屋根や壁が崩れ落ちてくる という



いつか見た映画と同じ夢(時々これと全く同じ夢をみる)のシーンみたいに















知れば知るほど絶望しか残ってないような気もするけど



それでもなお



しぶとくあきらめず頭を上げて進もうとする流れがあることに救われる







いつまでも凹んでたってしょうがない



自分が今できること やらなきゃいけないこと 今しかできないことを



淡々とこなしていくしかない(>Д<;; というより



逆に楽しんじゃえヾ(≧▽≦)ノ みたいに開き直った方がいいのかも



そのほうがずっと楽になれるし楽しいし次の力も湧いて来そう(°∀°)b







―――などと考えていたのがほんの1年半前のことでした



崩壊する海縁の家の夢も見なくなり



最近は割と楽しい日々・・・キモチも明るく前向きになったような



・・・・基本(暗いの)は変わらないと思うけど・・^^;






























[PR]
# by luxannews | 2017-08-20 00:06 | 過去のこと | Trackback | Comments(0)

完璧主義者Sさんの紫蘇ジュース





陶芸クラブのSさんに頂いた紫蘇ジュース




f0209603_17410330.jpg




赤紫蘇・青紫蘇の葉を一枚ずつ何百枚も洗ったものを



グラニュー糖などを加えて大鍋で煮込み



冷ましたものだそうです







f0209603_17413378.jpg







昨年夏にも各部員が1本ずつ頂きました



クラブでは毎年恒例となっているのだそうです








市民農園を借りて完全無農薬で野菜を栽培しているSさん――



葉っぱに付いた小さな(害)虫をピンセットで一匹ずつ何千匹も瓶に集めて



後でまとめて溝に捨てるのが大好きなんですってΣ(゚∀゚ノ)ノキャー









炭酸で割るととっても美味しいのです(*´∇`*)

























[PR]
# by luxannews | 2017-08-18 17:47 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

サンドペーパー掛けの続き★人生の宝石箱





サンドペーパー掛けの続きです



f0209603_15491185.jpg









把手の形を複雑にするとペーパー掛けが大変だけど



f0209603_15493047.jpg




それもまた楽し(*´∇`*)     Φ9×7.5H  φ(..)メモメモ












ビアカップは底も釉掛けしてトチを敷いて焼きました



f0209603_15495365.jpg




手に持ちやすいちょうど良い大きさ   Φ6.5×9H  φ(..)メモメモ



f0209603_15501555.jpg




水物を入れる小物は全面釉掛けした方が安心  φ(..)メモメモ














展示販売して良かったな~と思うのは

色々な出会いがあったことです



ファッショナブルでセンスがありあまり商売っ気はなく穏やかな

出店の世話役の方(胴元?)


その方を中心に不定期に出展・出店する作家さん達やアパレル関係の方々


出展先で出会った担当者や店員さんなど


皆 面白優しい方ばかりでした





休憩時間になるといつも大袋に入ったお菓子を持ってきていて

「お腹空いたやろ 遠慮せんといっぱい食べ!」とお茶まで出して

主にデパートのバックヤード裏話をして下さる方

――この方はフリーの販売員として何十年もやってきた方で

時々胴元の依頼で私達の集団に加わって何でも売る販売のプロです

お蔭で迷路のような薄暗いバックヤードで過ごす休憩時間の気鬱が

一気に明るく吹き飛ばされていました



そんな方の目にも

「M(胴元)さんとこのファミリーは皆優しいええ人ばっかりや

この世界普通そんなんちゃうで」 と映っていたようです










一番嬉しかったのはお客様から

「あなたのことずっと探してたのよ~♥」と言われたこと

前回の出展の時に気に入って下さり

またすぐ出るだろうと思っていたのに

なかなか次の出展がなく店名もおぼえてなくて諦めていたら

広告でそれらしいのをみつけてもしやと思い来てみたらそうだった!

――と感動の再会を果たした時です

(でもごめんなさいm(; ;)m私は憶えていませんでした)








出展の頃の良いことも悪いことも

――悪いことは時間が経てば黒ダイヤ(→よい教訓)として光ってるし

みんなまとめて自分の人生の宝石箱にしまってあり

時々開けて見ては



ムフフ( ̄∀ ̄*)



と笑っています




























[PR]
# by luxannews | 2017-08-17 16:11 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(4)

サンドペーパー掛け★職人のプライド





食器用止水処理剤に浸す前にサンドペーパー掛けをしました



角のところはペーパーだけでは不十分なので



f0209603_17051143.jpg



ルーターで磨きました



f0209603_17053372.jpg



くまなく触ってみてザラツキなし というところまで完璧に(*´∇`*)







先日取材に来られたお二方から






それぞれご注文を頂いたそうです







「有り難いのだけど値段が・・・」・・・と あまり嬉しそうでない息子です

注文制作なのでかなり値段が張るのでなんだか申し訳ない気が引ける と(*v.v)。



「その辺のことをドライに進めてくれるマネージャー的な人がいればいいんだけどね」と私



「それが商売なんだよな 商売人は元値に何倍とか吹っ掛けても平気

作り手(売り手・買い手双方も)の良心や遠慮・人情・誠実さとか無視して

平気で嘘をつけるシンゾーの持ち主じゃないと務まらん」とおとさん



おとさんはそういうシンゾーの持ち主じゃなかったので


良心の呵責に耐えかねて鬱になった人です







自分も物を作っている人間としてたとえ自分で使うだけのものでも

ただただ丁寧に誠心誠意職人のプライドをかけて使うときのことを考えて作ります



展示販売などしていた頃もあり

その時は嫌で嫌で・・・自分が作ったものを自分で売るという行為そのものが

何故か嫌でたまりませんでした



何焼ですか? とか訊かれても「一応信楽の土を使っていますが・・

信楽焼ではないと思います」としか答えられないし(>_<)

あることないこと並べ立てて口八丁手八丁で売りまくる才能がなくて困りました

まあその展示販売集団の元締めが儲け主義ではなかったので

仲間と和気藹々楽しく続けることができたのですが・・・

そういえば私暇なときは大抵隣のアパレル店で服を売っていました(๑≧౪≦)

隣の方が休憩中に代わりに入るとよく売れて面白くて病みつきになりました





自作品に自信がないわけではないのですが何となく気後れして(*- -)(*_ _)

まして知人に売るなんて・・という気持ちがよくわかるので

息子の気の進まなさもよくわかるのです




























[PR]
# by luxannews | 2017-08-16 17:22 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(4)

何になるのさ★なんかいいことあんの?





f0209603_15294247.jpg









f0209603_15300430.jpg









f0209603_15302681.jpg










f0209603_15304545.jpg











f0209603_15323426.jpg











なんて



f0209603_15325882.jpg







f0209603_15331531.jpg














何になるのさ? なんかいいことあんの?



f0209603_15333582.jpg











f0209603_15335932.jpg











































[PR]
# by luxannews | 2017-08-15 15:53 | 思うこと | Trackback | Comments(4)

しのぎマグカップと小ぶりなビアカップ





前回の本焼きに入りきらなかったしのぎマグカップ


――入った分の3個は白マット厚掛けし過ぎで脳味噌紋様になってしまったため


この1個は釉を剥がしてサッと薄掛けに・・掛け直しました


全体的にシュガーコーティングしそこなったチョコレートみたいな 笑





f0209603_14053187.jpg





内側もこんな感じで





f0209603_14055166.jpg





茶渋などの汚れが目立たなさそうでいいね



ってΣ\( ̄ー ̄;)そういう問題ちゃうねん








把手は私の好きなカタチ




f0209603_14063723.jpg








信楽赤土+白マットサッと掛け=シュガーコーティングしそこなったチョコレート




φ(..)メモメモ


















こちらは夏にやっと間に合った小ぶりなビアカップ







しのぎを削ったタタラ板をこの形に巻きつけたので



継ぎ目のところはこのように斜めになっています




f0209603_14071962.jpg








ラインが少し斜めになっている部分




f0209603_14075456.jpg







ほぼ垂直な部分




f0209603_14081258.jpg






――と 変化のあるしのぎ紋様になりました






万古白土+白マット=いつものmyお気に入りの仕上がり




φ(..)メモメモ





























[PR]
# by luxannews | 2017-08-14 14:13 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(2)

織部市松大皿★本焼き窯出し





いつもなら午前中に行く本焼き窯出しに

昨日は夕方行きました

それでもまだまだ温度が高くて

軍手をはめていてもアッチッチγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

夏場はなかなか窯が冷めません



f0209603_15084005.jpg
25×25cm






家族分のお節用大皿を作り始めてからかれこれ1年と数か月

今回の2枚でようやく全員分が揃いました


よく見るとこちら

立ち上げた縁の4辺とも内側に向かってたわんでいます



f0209603_15090622.jpg



これはたぶん・・・

このときの↓






削るときに手が笑っていたからなのかもしれません

または元々厚さそのものが薄過ぎたか均一でなかったか・・?

どちらにしてもてきとーいいかげんな作りが原因だと思います











釉薬は緑釉と白マットを筆塗りにしました

各区画ごとに縦・横・縦と方向を変えて塗った跡がよくわかる部分もあったり



f0209603_15100437.jpg



塗り重ねの回数を忘れてしまって分厚くなったり



f0209603_15102181.jpg



白マットは分厚くし過ぎると脳味噌紋様になるので控えめに・・と

控え過ぎて薄掛けになってしまったりと



f0209603_15104208.jpg



塗り斑が出てしまいましたが






陶芸はおおらかに♪( ̄∀ ̄*)



家で使う分には全く問題nothing~・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



ということで止水剤処理に入ります




























[PR]
# by luxannews | 2017-08-13 15:22 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(6)