2017年 08月 20日 ( 1 )

玄関先に現れている何か★1年半前の自分



いつも私達は、何かが≪玄関先≫に現れてようやく


それを問題と考えるようになる


それが裏庭に何十年と閉じ込められている時には


誰も気づきさえしないのだ



(デニス・レヘイン/スコッチに涙を託して より)








f0209603_23534083.jpg








311から5年(; ̄ェ ̄)





その前から鬱気味だったけど



あれ以来もっと鬱っぽくなり ひっきーな日々が続いた



引きこもってネットの暗い情報ばかりに周波数を合わせてしまう日々



同時に自分の人生の中で最も真面目に勉強した日々でもあったかもしれない






それまでほとんど興味も現実味もなかった政治・経済・社会の仕組みや



表には決して出てこないその裏側を垣間見て



感心したり心底怖ろしくなったり・・・・



話半分で受け取ってさえ充分スリリングなそれらの情報の中に



これまでずっと心の奥底に沈んでいた疑問や憤りに対する答が



かなりの比率で含まれていることに気づいたり・・・






≪玄関先に現れている何か≫に気付いたときはもう遅い






たぶんあっという間にこんな風になるのよ



気が付いたら家の中は水浸し 屋根や壁が崩れ落ちてくる という



いつか見た映画と同じ夢(時々これと全く同じ夢をみる)のシーンみたいに















知れば知るほど絶望しか残ってないような気もするけど



それでもなお



しぶとくあきらめず頭を上げて進もうとする流れがあることに救われる







いつまでも凹んでたってしょうがない



自分が今できること やらなきゃいけないこと 今しかできないことを



淡々とこなしていくしかない(>Д<;; というより



逆に楽しんじゃえヾ(≧▽≦)ノ みたいに開き直った方がいいのかも



そのほうがずっと楽になれるし楽しいし次の力も湧いて来そう(°∀°)b







―――などと考えていたのがほんの1年半前のことでした



崩壊する海縁の家の夢も見なくなり



最近は割と楽しい日々・・・キモチも明るく前向きになったような



・・・・基本(暗いの)は変わらないと思うけど・・^^;






























[PR]
by luxannews | 2017-08-20 00:06 | 過去のこと | Comments(0)