2017年 05月 01日 ( 1 )

静かに丁寧に★キッチンで釉掛け




キッチンで釉掛けの準備をしていたら

運悪くalways腹ぺこ軍団がドドッとやってきて

各自おやつパンの(トーストする)準備を始めまして

食卓に恭しく置いていた素焼きマグをみつけるなり



「なにこの日焼けした赤鬼みたいなの?」(小学生か!)


「あれ?おかーさん これまた脳味噌カップにするの?」(←マジで言ってた)


「うんまあたしかにまた白マットだけど~・・・

脳味噌カップにはならないから!ヽ( )`ε´( )ノ」



――などとひと騒ぎ(ブキミなものが写り込んでいたため画像小さめ)





f0209603_20465260.jpg



いつものことなのでてきとーにやり過ごし

しばし気を鎮めたのち

釉を洗い流したために撥水力の落ちた部分に撥水剤を筆で塗りなおし

f0209603_20473808.jpg






マグカップなどの把手付きの器に釉掛けをするときの注意点を再確認しつつ





静かに丁寧に掛けました






内側少しだけ厚めに 

f0209603_20485976.jpg

外はサッと

f0209603_20492139.jpg

器を浸すときに持ったところの指跡は

f0209603_20494532.jpg

後で筆で充填しましたが

f0209603_20500256.jpg



ご愛敬 ということで(*^ー^*)ノ























[PR]
by luxannews | 2017-05-01 21:01 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Trackback | Comments(2)