角皿釉掛け★織部と黄瀬戸




赤い織部と緑釉を部分的に重ね掛けした丸浅鉢


f0209603_23494488.jpg












赤い織部の方が焼成中に飴のように流れて棚板にくっついていました


f0209603_23510311.jpg





棚板が剥離剤処理してあったので事なきを得ましたが

普通に掛けてもまた流れそうなので

今回この釉薬は側面には掛けないことにして

マスキングテープでカバーしておきました


f0209603_23520657.jpg





表面の一部もマスキング(➡後で黄瀬戸を掛ける予定)


f0209603_23522511.jpg





掛けたてホヤホヤ


f0209603_23525426.jpg







この釉薬

ちょうど良い濃さの所はきれいな織部の色なんだけどな・・(*v.v)。


f0209603_23532360.jpg




溜まると黒っぽく油光りするのが嫌なので少し薄めて使いました










テープを剥がして・・と





側面は垂れる流れる心配なしの🌳絵の具の緑になる緑釉🌳を筆掛け予定


緑釉なら垂れないので(*_ _)ノ彡☆


f0209603_23563090.jpg





織部と黄瀬戸のコラボ角皿


f0209603_23565290.jpg





きれいな織部色が出てくれるかな( ̄∀ ̄*)









今月中に1回目の本焼きがあります




























[PR]
by luxannews | 2017-11-12 00:05 | 器・陶芸・陶芸クラブ | Comments(2)
Commented by o-rudohime at 2017-11-12 05:53
窯出しが楽しみですね。
火の神様のご加護がありますように・・・
Commented by luxannews at 2017-11-12 08:41
o-rudohimeさん♪ありがとうございます^^/
火の神様には釉薬の好き嫌いがあるようで・・・(*´∇`*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅の砂糖煮★やっぱり梅干しやん ガックシな日★ららぽーとExpo >>