ミラクル★ミラクル





数年前の自分と同じ



遠距離介護&その他諸々鬱状態の友達↓に久々に電話しました







一度話し始めると何時間でも喋り続けられる人なので



こちらのベストコンディションが整った時点で


覚悟と気合を入れて挑みますΣ\( ̄ー ̄;)格闘技か! 


(それに近いのですマジで^^;)





お母さんの具合はどう? から始まってとりとめもなく千変万化する話題


ユラユラと蛇行しながら再び元の話題へ・・・


やはり一番聞いてもらいたいのはそこなのよね~うんわかるわかる


と相手には見えないのに肯いたり毒にも薬にもならぬ相槌を打ったり


なんだかんだで気づいたら3時間(゜ロ゜ノ)ノ





私が母のことで悩んで半分アタマがおかしくなりかけてたときに


実に適切なアドバイスで


ドーンと背中をたたいて押して 変な方へ行かないようにしてくれた人なので


今は元気になった自分ができることをできるだけ・・と思い


上手く慰めることもアドバイスをすることもできなくて申し訳なく思いながら


耳を傾けていたのでした



f0209603_15580380.jpg



ひとつとても印象に残ったのは


非常に現実的で不思議系の話は決して信じないタイプの彼女が


最近体験したミラクルな出来事――




――近隣に住む息子のお嫁さんがその子供たち&友達の子供たちを連れて


予告もなくやって来たときのこと




実母の介護から帰ってきたばかりで疲れと落ち込みでダウンしていて


それでもせっかく来てくれたのだからと招き入れて何やかややっていると


嫁の友達の2児のうちの小さい方(1歳半ぐらい)が突然


すごーく生真面目な顔をしてトットットットと自分の方へやって来て



首に手を回してハグしてくれた



「大丈夫だよ 元気出して」みたいな感じでΣ(゚Д゚)



基本的に子供があまり好きじゃないのに


そのときは・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚なんて可愛いんだろう・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


と思った・・って





で その時思い出したのが


数年前に病で自宅療養中の夫に


全く同じように無言で近付いて行ってハグして小さな手で背中をトントンしていた


2番目の孫(やはり当時1歳ちょっと位)のことだそうで




あんなに小さいのに というか小さいからこそわかる大きい人の悩み苦しみ痛み


無償の愛(治癒能力)みたいなものをあの年頃の子は持っているのかな~


あの後すっごく元気が出て雨の中映画を見に行ったりした


生まれて初めてのミラクルな体験だった




――と超現実派の彼女がしみじみ言うのでびっくり(゚д゚)!





私も息子がまだ6ヶ月ぐらいの頃に同じようなミラクルを感じたことがあったのを思い出し


思わず涙腺が・・・決壊するのを止めるのに苦労しました  

























[PR]
by luxannews | 2017-04-23 16:05 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by so429 at 2017-04-25 17:23
お友達は、思いの丈を聞いて頂けて、随分救われたのではないでしょうか。
話を受け止めてくれる相手が居るだけで、その時々の苦労を何とか凌いで
いけるのですけれど、一方でその言葉一つ介さずに、まっすぐに受け止めて
くれる存在が在るんですね、こういう無垢さは仏さんの心と同じでしょうか。
不思議な、しかし嬉しいことに出会われたのですね。
Commented by luxannews at 2017-04-25 20:49
so429さん♪
早々と独居になり いつも「一日一言も喋らないのが普通」と言うので
お喋りな彼女にとっては拷問的日々だろうと思います
以前母のことで同じように苦しんでいた時に電話で救ってくれた恩を
少しずつ小出しに(笑)返そうと
・・・あの時の彼女のように状況を一転させるような
気の利いたことが言えない自分がもどかしいです
――というような穢れ切った大人の恣意的な行為ではなく
存在そのものが愛であるような小さい人の行為 というのは
それを受ける(資格のある)状況にある人にとっては光とか暖かさとか・・
あらゆる善いもの 驚きに満ちた嬉しさをもたらすものなのでしょうね
そうですね まさに仏さんの心 そのものなのかもしれませんね(T▽T)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 赤い織部★釉掛け バラ丼 >>